検索
8月8日放送の「徹子の部屋」に出演する阿川佐和子さん=テレビ朝日提供
1 / 3

8月8日放送の「徹子の部屋」に出演する阿川佐和子さん=テレビ朝日提供

阿川佐和子:9年続いた両親の介護を語る 夫の口癖は「お前が幸せならそれでいい」 「徹子の部屋」出演

 作家でエッセイストの阿川佐和子さんが8月8日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。9年続き、2年前に終わった両親の介護生活や、5年前に結婚した夫について語る。

 大好きな母に、認知症の症状が表れたのは2011年。翌年には作家の父・阿川弘之さんが誤嚥(ごえん)性肺炎で入院し、両親の介護が始まった。

 兄弟や知人、夫の助けで乗り切った介護生活は、笑いあり涙ありだったという。介護生活が終わると、実家片付けが始まったが、母の手作りのワンピースや帽子といった思い出の品を見つけると、手が止まってしまい1年以上かかった。

 父の弘之さんは、阿川さんにとってとても怖い存在だったという。5年前に結婚した夫は、父とは正反対の穏やかな性格。いつも「お前が幸せなら、それでいい」と言うが、その“口癖”の要因は亡き父だったという。

写真を見る全 3枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら