検索
10月スタートの連続ドラマ「ザ・トラベルナース」に出演する(左から)岡田将生さん、菜々緒さん、中井貴一さん=テレビ朝日提供
1 / 1

10月スタートの連続ドラマ「ザ・トラベルナース」に出演する(左から)岡田将生さん、菜々緒さん、中井貴一さん=テレビ朝日提供

菜々緒:初の医師役は「うれしい半面、一番避けたかった役」 岡田将生主演の連ドラ「ザ・トラベルナース」出演へ

 女優の菜々緒さんが、岡田将生さん主演で10月にスタートする連続ドラマ「ザ・トラベルナース」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に出演する。菜々緒さんは外科医の郡司真都(まこと)役で、医師役に初挑戦。「お医者さんの役をいただけて、すごくうれしいと思う半面、実は一番避けたかった役でもあったんですよ(笑い)。お医者さんの役は専門用語がすごく大変というイメージがあって……。『自分にできるかな』という心配や不安がすごく大きかったんです」と素直な思いを明かしている。

 一方で「そんな中、改めて感じたのが衣装の力!  白衣を着るとスイッチが入って、気持ちがピシッとします」と白衣が力になっているといい、「医療用語が絡むセリフにはまだ四苦八苦していますけど(笑い)、私もこの作品を通してちょっとずつ成長できたらいいなと思いますし、何より看護師さんやお医者さんの応援にもなるようなドラマにしていきたい!  作品を通して、もうちょっと頑張ってみようかなと思ってくださる方が少しでも増えたら……。そのために私も頑張りたいと思います」と決意を語った。

 ドラマは、スーツケース一つでさまざまな街を渡り歩き看護に従事するフリーランス看護師=トラベルナースの活躍を描く医療ドラマ。岡田さん演じる那須田歩(あゆみ)と、中井貴一さん演じる九鬼静(くき・しずか)、2人のトラベルナースが医療現場を改革していく姿を描く。脚本は「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」などの中園ミホさんが手がける。

 菜々緒さん演じる真都は、以前は大学病院で働いていたが、派閥争いや出世戦争がイヤになり、シンプルに患者を救いたいという思いで総合病院に移った。看護師はあくまで医師の補助だと思っていたが、歩や静のスキルに救われ、考えを改める。やがて外科医としての真のプライドを取り戻し、少しずつ成長していく。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事