検索
町田啓太さんが登場する「Numero TOKYO」11月号特装版の別冊付録の表紙
1 / 3

町田啓太さんが登場する「Numero TOKYO」11月号特装版の別冊付録の表紙

町田啓太:主演ドラマは「戦い抜いた」と回顧 32歳の今感じる“青春”を「Numero TOKYO」で語る 表紙&16ページの別冊も

 俳優の町田啓太さんが、9月28日発売の女性ファッション誌「Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)」(扶桑社)11月号特装版の表紙を飾る。町田さんが同誌特装版の表紙を飾るのは2回目。特装版には、町田さんを特集した16ページの別冊付録が付き、インタビューでは32歳の今感じる“青春”を語った。

 「手当り次第何かをやることに精いっぱい」「頭も心もぐちゃぐちゃでした」と町田さんは20代前半を振り返る。また、自分以外の誰かと同じ気持ち、同じ熱量で励まし合ったりする時間に“青春”を感じるといい、主演し、9月に最終回を迎えたフジテレビの連続ドラマ「テッパチ!」について「“戦い抜いた”という言葉がふさわしいほど心血を注いで撮影に取り組んだ」と撮影現場の様子や共演者とのエピソードを披露する。    同誌の公式YouTubeチャンネルでは、撮影メーキング動画を公開予定。

写真を見る全 3枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事