検索
映画「天間荘の三姉妹」に出演するのんさん
1 / 19

映画「天間荘の三姉妹」に出演するのんさん

のん:「私を褒めてください」 落ち込んだときは仲のいい人にお願いする “ヒーロー”で居続ける意識も語る

 女優で創作あーちすとののんさんが出演する映画「天間荘の三姉妹」(北村龍平監督)が公開された。マンガ家の高橋ツトムさんの代表作「スカイハイ」のスピンオフ作品「天間荘の三姉妹ースカイハイー」が原作で、門脇麦さん、大島優子さんと三姉妹を演じることでも話題になっている。のんさんに、演じた役柄や共演者について、落ち込んだときに自分を元気づける方法などを聞いた。

 ◇“ギフト(役割)”を求めている少女、たまえ

 出演が決まったときのことを「映画化することしか決まっていない状態で、迷いはありましたが、残された人の思いに寄り添うという原作が素晴らしく、実現するならぜひ参加したい、と思いました」と、のんさんは振り返る。

 同作でのんさんが演じたたまえは、天涯孤独の身で、交通事故で臨死状態に陥る。そして、謎の女性、イズコ(柴咲コウさん)に連れられて、天界と地上の間にある街、三ツ瀬にある「天間荘」にやってくる。

 「生きている私たちは、亡くなった方の考えを想像するまで至りませんが、この物語は亡くなった方の目線で語られます。“亡くなった人は残された人たちのことを思ってくれているんだ”と想像できると、残された人も動き出せるんじゃないかなと思いました。

 たまえは、両親がいなくてすごく傷ついている女の子。“人に必要とされていない”と葛藤しながら、自分が生きていくための武装で、明るく振る舞っているように感じました。

 私はハリウッドで有名なやり方で“ノート”を書いています。役の解釈を明快に定義して脚本を読みやすくします。今回は人生の目的として、“ギフト(役割)”を求めていると考えました。たまえのギフトは現世にはなかったけれど、三ツ瀬で見つけられました。そのおかげで、周りのみんなの思いを背負って、天界へ旅立つか、現世に戻るかという選択に決断を下せたんです」

 ◇大スターのギアの入れ方に感服

 劇中では、イルカトレーナーとして奮闘する姿も印象的だ。

 「イルカとのシーンは、やってみないと分かりませんでした。こちらが意志を持っていないと言うことを聞いてくれないんです。賢くて従順なイメージだったのに、『思ってたのと違う!』って。でもそんな“ちょっと悪い子”なところも可愛いと感じました。

 トレーニングは大変でした。イルカのおなかの上に乗って移動する際は、体重移動でかじを切るので、体幹が必要。ヒレに乗ってジャンプしてもらう大技にも挑戦しました」

 共演者はほかに、三田佳子さん、中村雅俊さん、永瀬正敏さん、寺島しのぶさんと、豪華な大先輩の名前が連なっている。

 「ミーハーなんで、『やった~!』ってテンションが上がりました。特に三田さんと共演できるのがうれしくて。一緒のシーンの撮影では、カメラが回ったときの集中力がさすがでした。たたずまいや声の響かせ方で、一瞬で三田さんが演じられた“財前様”になるんです。そのギアの入れ方は、大スターが培ってきた積み重ねなんだな、と感じました。あと、三田さんが現場に来ると晴れるんです(笑い)」

 ◇“ヒーロー”のイメージを変えるべきではない

 これまでの出演作から、明るく前向きで、周りを元気にするようなイメージが強い。のんさん自身は、そのイメージをどう感じているのだろうか。

 「私は“ヒーロー的”な役柄で皆さんに知ってもらいました。ダメダメで無鉄砲ながら人生を切り開いていく、そういう役のイメージを払拭(ふっしょく)すべきではない、と。もちろん、イメージを変えることが得な人もいますが、私の場合はストライクのゾーンが深かったと思うんです」

 ヒーローのイメージを持ち続けてもらうため、演じる役柄をどう解釈し、どう取り組んだかをしっかり伝えることを心がけていたが、最近は少し意識が変わってきたという。

 「ただ役者だけをやっていたときは、作品のことや演じた役のことが伝わればよくて、自分自身の感情とか、自分がどう振る舞うかとか、自分の人間性が伝わるという部分はあまり考えていませんでした。

 創作あーちすとという肩書きもついた“のん”になり、急激に発信する側だという自覚が芽生えてきて、自分自身が持っているメッセージをきちんと伝えられるように気をつけています。役柄だけじゃなくて、のん自身のヒーローポジションを、見てくれる人にどうアピールするかを意識するようになったんです」

 ◇落ち込んだときは「私を褒めてください」

 プライベートでは、ヒーローであろうとはまったく思っていないという。

 「テンションが上がったときはめちゃくちゃ明るいけど、そうじゃないときはけっこうクールな感じかもしれません。

 落ち込んだときは、仲のいい人に吐き出して寝る! 自分を褒めてくれる保証がある人に、『私を褒めてください』とお願いします。たくさん褒めてもらって、ポジティブになってから寝ると、けっこう忘れられるんです。自分の悪かったところは、あとで反省して解決します」

 水にまつわる作品への出演が続いているが、“水ものを極めたい”という思いはあるのかも聞いてみた。

 「自分ではその思いはないですが、たまたま続いていて。出身も山のほうなのに、海のほうだと思われていることも多いです(笑い)。

 極めたいと思っているのは、洋服を作ること。作るのが好きで、いちから作ったり、リメークしたり、いろいろやっています。夏はワンピースを作ったし、最近はトートバッグを作りました。いつか、そういった表現が求められれば、自作の洋服で登場することもあるかもしれません(笑い)」

<プロフィル>

 のん 1993年7月13日生まれ。兵庫県出身。2016年、劇場アニメ「この世界の片隅に」(片渕須直監督)で主人公すずの声を演じて話題となった。2019年に自身が初監督を務め、主演・脚本・撮影・編集を担当した作品「おちをつけなんせ」を配信。今年は主演映画「さかなのこ」(沖田修一監督)が公開された。アート、音楽などの発信も続けている。

 *……映画「天間荘の三姉妹」は、マンガ家の高橋ツトムさんの代表作「スカイハイ」のスピンオフ作品「天間荘の三姉妹ースカイハイー」が原作。身寄りのない少女・小川たまえ(のんさん)は交通事故に遭い臨死状態となり、「もう一度現世に戻って生きる」か「天へと旅立つ」かを決断できるようになるまで、天空の町・三ツ瀬にある旅館「天間荘」で働くことになる。そこで腹違いの姉、天間のぞみ(大島優子さん)とかなえ(門脇麦さん)に初めて出会う………というストーリー。

写真を見る全 19枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事