検索
劇場版アニメ「すずめの戸締まり」の初日舞台あいさつに登場した「SixTONES」の松村北斗さん
1 / 10

劇場版アニメ「すずめの戸締まり」の初日舞台あいさつに登場した「SixTONES」の松村北斗さん

SixTONES松村北斗:「どうも、椅子です!」 声優務めた「すずめの戸締まり」最速上映で鑑賞し思い熱く

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんが11月11日、東京都内で、新海誠監督の約3年ぶりとなる新作劇場版アニメ「すずめの戸締まり」の初日舞台あいさつに出席した。松村さんが声優を務めた草太が、劇中で椅子に変えられてしまうことにちなみ、冒頭で「どうも、椅子です!」とあいさつした。

 同作は同日深夜0時から最速上映を実施。松村さんも最速上映で鑑賞したと明かし、「“すずめの戸締まり熱”がふつふつと……じゃなく、グラグラと煮えたぎっている状態です。楽しいプラス、ちょっと、うっとうしいくらいの時間にできればと思っています」と熱い思いをのぞかせた。

 「すずめの戸締まり」は、「君の名は。」(2016年)、「天気の子」(2019年)で知られる新海監督の新作。日本各地の廃虚を舞台に、災いのもととなる“扉”を閉める旅をする少女・鈴芽(すずめ)の解放と成長を描く。女優の原菜乃華さんが鈴芽、松村さんが“災い”をもたらす扉を閉めることを使命とする“閉じ師”の宗像草太をそれぞれ演じる。

 この日は、松村さんのほか、原さん、深津絵里さん、染谷将太さん、花瀬琴音さん、新海監督も出席した。

 松村さんは、原さんの言葉に共感したといい「草太は椅子になってからのほうが、感情や人となりが見えた。表情がなくなったほうが表情が見える。予告映像では人間時代の草太が人気だったと思いますが、本編を見た人は、椅子時代の草太のほうが好きなのかなと思う」と笑顔で語った。

写真を見る全 10枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事