検索

横山めぐみの大人クローゼット:第7回 ポロラルフローレンの花柄ワンピで秋の休日コーデ 衣替え機に断捨離も

Twitterでシェア

 キャリア35年、「今までプライベートを発信することを避けてきた」という女優の横山めぐみさんが、自らペンをとり、私生活をつづる連載「横山めぐみの大人クローゼット」。第7回は、横山さんが断捨離のエピソードと、秋の休日ファッションを紹介します。

 ◇使い勝手の良いメッシュのケースに防寒用の下着を収納

 皆さん、お元気ですか?

 今年の秋は暑かったり寒かったりで、いつ秋になったのか、衣替えのタイミングが難しかったですよね。紅葉の見ごろは今、どのあたりまで進んでいるのでしょうか。

 私の衣替えは、クローゼットに掛けてある服の位置をチェンジするくらいなのですが、新しい服を買ってばかりだと、どんどん増えて、クローゼットがパンパンになってしまいますよね。

 たくさんのお洋服を掛けるとシワになってしまいますし、どうしても断捨離が必要になってきます。というわけで、この秋は衣替えのタイミングで断捨離と服の整理をしてみました。

 仕事柄、冬の野外でのロケのために、防寒用の下着類が必要になってきます。防寒用の下着はプライベートでも上手に使うと、モコモコと着ぶくれしなくて快適です。

 まずメッシュの収納ケースを購入して、防寒用の下着の上下、厚手の靴下、冬用のタイツなどをきれいに分けて収納してみました。メッシュだと外から見えるし、かさばらず、なかなか使い勝手が良いです。

 それから「もう着ないかな……」と思う服をピックアップしてみました。なんとなくデザインが似合わなくなったなと感じたものや、スカート丈がちょっと短いかなと思ったものなど、大きな袋に2袋分になったので、リサイクルショップに持っていきました。

 高値で買い取っていただけるわけではないですが、どなたかがまた着てくださると思うだけで、ちょっとうれしいです。

 ◇オフの日は心のスイッチを切り替えて

 今、私は野外で、かなりワイルドな撮影をしています。ロケは「現場」というくらいで、時には山の中で土ぼこりを体中に浴びたり、顔や服などを汚したり。体力勝負でもあり、女優という仕事は決してキレイな仕事ではありません。

 そんなハードな撮影現場にはスエットにスニーカーという俳優さんも多く、私も自宅で洗濯できるようなカジュアルな服を着ていきます。

 そのため、逆にオフの日には、たっぷりの睡眠をとったら、心のスイッチを切り替えて、おしゃれを楽しみたくなります。

 今回は、「POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)」の秋色の花柄ワンピースに、このコラムの初回で紹介した「RALPH LAUREN(ラルフローレン)」のレザーベルトを合わせてみました。

 ワンピースと同じPOLO RALPH LAURENのバッグは、革でできた馬のアップリケがとても可愛いくて、お気に入りです。靴は「Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)」のオープントゥのハイヒールにしてみました。

 柄物のワンピースはちょっと……という方もいらっしゃるかもしれませんが、時には柄で華やいでみるのも楽しいですよ。

 次回はクリスマス直前にまたお会いできると思いますので、お楽しみに。お元気で!

 <プロフィル>

 よこやま・めぐみ 1969年9月2日生まれ、東京都出身。1987年放送の「北の国から’87初恋」で吉岡秀隆さん演じる純の恋人・れい役で女優デビューを果たした。2002年放送の昼ドラ「真珠夫人」ではヒロイン・瑠璃子を演じ話題に。今年5月にインスタグラムとツイッターのアカウントを開設した。

ファッション 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事