検索
ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演する松本若菜さん=MBS提供
1 / 1

ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演する松本若菜さん=MBS提供

松本若菜:38歳、怪演女優 “遅咲き”の声に「私、咲けてます?」 5年前までバイトばかりで絶望に似た悔しさも 「情熱大陸」登場

 女優の松本若菜さんが、11月27日午後11時から放送されるドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS・TBS系)に登場する。38歳の今年、注目され、「怪演女優」とも言われる松本さんを取材した。

 「“遅咲き”って最近よく言っていただけるんですけど……私、咲けてます?」という松本さん。今年、連続ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系)で、大富豪の家に嫁いだヒロインに嫌がらせをする義理の姉を演じ、注目された。早口言葉さながらのせりふをまくし立て、変顔から替え歌まで披露。存在感抜群の怪演は「松本劇場」と称され話題となった。その演技が評価され、数々の助演女優賞に輝いた。

 ほんの5年前まではアルバイトで食いつないでいたという。芸能界に飛び込んだのは、21歳のとき。高校卒業後に就職した故郷・鳥取の会社をやめ、親の反対を押し切って上京した。デビューこそ順調だったが、オーディションには落ちまくり、たまの仕事は端役ばかり。仕事を聞かれた時は「“一応”女優です」と答え、バイトばかりしている自分を恥じてもいた。絶望にも似た悔しさを抱えながら過ごした日々の記憶は、今思い出しても涙が出るという。

 番組では、デビュー15年という節目で激変した松本さんの4カ月を取材した。激しい動きのあるシーンで脚がアザだらけになっても、笑顔と気遣いを絶やさない。一方で、自分のドラマの放送を見て「私の演技は記憶に残らない」と酷評するストイックな一面も。

 コロナ禍でかなわなかったという3年ぶりの里帰りにも同行。東京からテレビ電話で最期を看取った祖母の墓を訪ね、高校時代に毎日遊んでいた親友とも再会。2人の姉と古希を迎えた両親を祝う夕食会も企画した。厳格で、芸能界に行くことを最後まで反対した父の口から、今まで知ることのなかった自分への思いを聞く。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事