検索
「美魔女コンテストTOKYO」でグランプリに輝いた木曽千草さん(左)と小田井涼平さん
1 / 1

「美魔女コンテストTOKYO」でグランプリに輝いた木曽千草さん(左)と小田井涼平さん

純烈・小田井涼平:今年の流行語は「卒業」 「美魔女コンテスト」で審査員に

 年内で歌謡グループ「純烈」から脱退することを発表している小田井涼平さんが12月1日、東京都内で実施された、「美魔女コンテストTOKYO」の最終選考会に特別審査員として出席した。大みそかの第73回NHK紅白歌合戦に同グループのメンバーとして5回目の出場を果たす小田井さんは、自身の今年の流行語を聞かれると「卒業」と答え、「おそらく紅白が終わって、(心身の疲れなどが)1月1日にドーン!と来る気がしている。ちょっとその瞬間が怖いです」と笑った。

 小田井さんは「自分の卒業を4月1日に発表してから、それ(紅白)を目標にグループ全体でがんばってきた」といい、「これで本当に12月31日までお仕事できることになりました。それが何よりうれしいです」とにっこり。

 2023年からは「一人の小田井涼平としてがんばっていく」と述べ、すでに「いくつかオファーをいただいている」と告白。「1月はおかげさまでちょっと忙しい年明けになりそう。まずはそこをしっかりやり遂げて、またそこから一つ一つつなげていく作業を丁寧にやっていこうと思っています」と真摯(しんし)に答えた。

 「美魔女コンテストTOKYO」は、雑誌「美ST」が主催し、内面の美しさと外見の美しさを兼ね備えた35歳以上の女性を発掘するコンテスト。グランプリは愛媛県在住の木曽千草さん(54)、準グランプリは東京都在住の南恩智さん(38)、一般ユーザーからの投票で決まるWEB賞は千葉県在住の吉沢詩乃さん(37)がそれぞれ受賞した。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事