検索

山崎賢人:「バディを組むなら…」で土屋太鳳に片思い 「今際の国のアリス:シーズン2」配信記念イベント

 俳優の山崎賢人さんが12月23日、東京都内で行われた、女優の土屋太鳳さんとダブル主演し、22日に配信をスタートしたNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス:シーズン2」の配信記念イベントに土屋さんら共演者と登場した。イベントでは、主人公たちが「げぇむ」に挑む作品の内容にちなんで、お題に対して最も当てはまる人を登壇者同士が指をさして全員一致を目指すミニゲームに挑戦。「『げぇむ』でバディを組むなら誰?」という質問で土屋さんと答えがそろわず、土屋さんから謝罪される場面もあった。

 山崎さんは「太鳳ちゃんかな」と土屋さんを指さし、「すごく長年共演させてもらっていますし。“アリス”と“ウサギ”(の役)でも、一緒にやっていますし」と理由を説明。土屋さんは仲里依紗さんを指さしており、「ごめん、賢人くん」と苦笑いで謝罪し、場を笑わせていた。

 「今際の国のアリス」は、麻生羽呂(あそう・はろ)さんの人気マンガが原作。廃虚と化した渋谷を舞台に、“アリス”こと有栖良平(山崎さん)や宇佐木柚葉(土屋さん)らが「げぇむ」に挑む姿を描く。シーズン2は12月22日から配信されている。

 イベントでは、演じる役の強みと自身との共通点についてもトーク。山崎さんは「アリスはもともとゲーム好きなので、生死をかけた『今際の国』での『げぇむ』も、ゲームとして置き換えて考える。ゲームを作った人の視点になったらとか、敵の視点になったらと考えるのは、アリスならではなのかな。あと、大切な存在が近くにいる、それを守りたい、という部分も強みかなと思います」とコメント。MCから自分に似ているところは?と追及されると、少し考えたのちに「大切な人を守りたい(気持ち)、だと思います」と笑いながら語っていた。

 イベントには三吉彩花さん、桜田通さん、朝比奈彩さん、恒松祐里さん、磯村勇斗さん、青柳翔さん、佐藤信介監督も出席した。

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事