検索
「世界遺産 ジャール平原~謎の遺跡 2000の巨大な石壺~」の一場面=TBS提供
1 / 4

「世界遺産 ジャール平原~謎の遺跡 2000の巨大な石壺~」の一場面=TBS提供

世界遺産:2000もの巨大な石壺が残された謎の遺跡 ラオス北部の「ジャール平原」を巡る

 女優の杏さんがナレーションを務めるTBSのドキュメンタリー番組「世界遺産」(日曜午後6時)。2月19日の放送は「ジャール平原~謎の遺跡 2000の巨大な石壺~」と題し、ラオスにある謎の遺跡を取り上げる。

 ラオス北部の内陸にある広大な盆地は、巨大な石壺(ジャール)が約2000個もあることから「ジャール平原」と名付けられた。石壺が見つかったのは、森の中、丘の上、草原などさまざまで、10キロ離れた山中には石壺を切り出した石切り場も見つかっている。

 大きな石壺は高さ3メートル以上、重さは6トンにもなる。文字による記録が残っていないことから、使い道はいまだに明らかになっていない。しかし近年、調査により地面から次々と人骨が見つかり、石壺が置かれた場所はかつての墓地だったことが分かってきた。

写真を見る全 4枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事