検索
ドラマ「夫婦が壊れるとき」第8話のビジュアル=日本テレビ提供
1 / 15

ドラマ「夫婦が壊れるとき」第8話のビジュアル=日本テレビ提供

稲森いずみ:不倫夫の友人と一夜をともに 「女は浮気できないわけじゃない」 復讐劇「夫婦が壊れるとき」8話が放送

 女優の稲森いずみさんが主演する連続ドラマ「夫婦が壊れるとき」(日本テレビで毎週金曜深夜0時半ほか)の第8話が5月26日深夜、日本テレビで放送される。稲森さん演じる真壁陽子は、不倫夫の友人である会計士と一夜を過ごし、「夫の会社の収支内訳と個人口座の情報をすべて渡して」と詰め寄る。同日は日本テレビで深夜0時55分から放送。

 稲森さん演じる医者・陽子が、不倫した夫と、夫とグルになって自分をだましていた友人達を徹底的に追い詰めていく復讐(ふくしゅう)劇。これまでに陽子は、夫・昂太(吉沢悠さん)と若く美しい理央(優希美青さん)の間に子供ができ、夫が家の財産を根こそぎ使い込んでいたことを知った。

 第8話の予告では陽子の「女は浮気できないわけじゃない」というせりふや、昂太が浮気相手の理央に「結局、奥さんに何も言えないんでしょ!」と詰め寄られるシーン、昂太が「知らなかったんだよ、同時に同じだけ愛せるなんて……」「陽子も理央も二人とも大事なんだよ」と話すシーンが映し出される。

写真を見る全 15枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事