検索
映画「幼な子われらに生まれ」の初日舞台あいさつに登場した田中麗奈さん
1 / 10

映画「幼な子われらに生まれ」の初日舞台あいさつに登場した田中麗奈さん

田中麗奈:誕生日にDVシーン撮影「とっても刺激的」

 女優の田中麗奈さんが26日、東京都内で行われた映画「幼な子われらに生まれ」(三島有紀子監督)の初日舞台あいさつに出席。宮藤官九郎さん演じる元夫・沢田からDVを受ける元妻役で、DVシーンの撮影が自身の誕生日だったという田中さんは「誕生日プレゼントはとっても刺激的なものをいただきました。ありがとうございました」とコメント。宮藤さんは「本当にすみませんでした……。スタッフさんがケーキを用意してくださって、『おめでとうございます』という雰囲気の中、(DVのシーンを演じるのは)気持ちよかったです」と語って笑いを誘った。

 舞台あいさつには主演の浅野忠信さん、南沙良さん、鎌田らい樹さん、新井美羽さん、三島監督も出席。バツイチのサラリーマン役を演じた浅野さんは「僕はわりかし癖のある役が多いんです。まともに何も事件を起こさずに最後まで乗りきる役が少ない。何かしらの事件を起こしている役が多いから、事件を起こさない男っていうのがやりたかったんですよね」と笑い交じりに語り、今回の演技を通して「別に事件を起こさなくても演じきれるなって」と、気づきがあったことを明かしていた。

 「幼な子われらに生まれ」は、直木賞作家・重松清さんの同名小説が原作。バツイチのサラリーマン・田中信(浅野さん)は、再婚した妻・奈苗(田中さん)の連れ子とうまくいかず、悶々(もんもん)とした日々を過ごしていた。ある日、奈苗の妊娠が発覚。長女の薫(南沙良さん)はそのことでより辛辣(しんらつ)になり、“本当のパパ”(宮藤さん)に「会いたい」と言い始め、信は今の家族に息苦しさを覚え始める……というストーリー。

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る