検索
1 / 19

木村拓哉:撮影現場で“モノマネ”披露 菜々緒の暴露に「汗がすごい…」

Twitterでシェア

 元「SMAP」の木村拓哉さんが15日、東京都内で行われた18日スタートの連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の制作発表記者会見に、共演の江口洋介さん、斎藤工さん、間宮祥太朗さん、石田ゆり子さん、上川隆也さんとともに登場。菜々緒さんや上川さんらから撮影現場で“モノマネ”を披露しているというエピソードを暴露された木村さんが「かくはずのない汗がすごい」とタジタジになる一幕があった。

 菜々緒さんは「木村さんから話してくれることが多いんですけど、効果音とかもやってくれるので、すごく楽しみ。以前共演した松山ケンイチさんとか浅野忠信さんのモノマネもすごい」と明かすと、木村さんは「やめろ、やめろ」と小声で制止。それでも、上川さんから「その場にいるような感覚にさせてくれるんですよ」、斎藤さんからも「昨日、上川さんのモノマネをされてました。そっくりでした」と明かされると、「モノマネという感覚ではない」「モノマネじゃない」と“火消し”に躍起になっていた。

 また、自らが演じる主人公・島崎章は、シングルファーザーとして中学生の息子と二人暮らしをしている設定で、木村さんは「(劇中では)多感な少年なので、冷たくあしらわれてます」と苦笑い。「そして別れた奥さんが誰なのか。(出てくるのかも)分からないですけど、先日、プロデューサーから怖い感じで『(元妻の役は)誰がいい?』と言われました」と明かしていた。

 ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間警備会社のボディーガードたちの戦いの日々を描く作品。6年前のある出来事をきっかけに工事現場の警備員となっていたが、身辺警護課の新設を機に、過去を隠して“新人ボディーガード”として着任する元敏腕ボディーガードという役どころの木村さんは「最後までやりきります」と意気込みを語った。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る