毎日キレイ

  1. HOME
  2. 彼女がキレイな理由 モデル・女優
  3. 記事
彼女がキレイな理由,モデル・女優

麻生久美子さん 母子を見つめる子供たちの表情が「ちょっとたまらない」

劇場版ストップモーションアニメ「ぼくの名前はズッキーニ」の日本語吹き替え版に声で出演した麻生久美子さん

劇場版ストップモーションアニメ「ぼくの名前はズッキーニ」の日本語吹き替え版に声で出演した麻生久美子さん

 スイス、フランスの合作アニメーション「ぼくの名前はズッキーニ」(クロード・バラス監督、2月10日公開)の日本語吹替え版で、声の出演をした女優の麻生久美子さん。今作で麻生さんは、主人公ズッキーニが一目ぼれする10歳の少女カミーユを演じている。お金のためにカミーユを引き取ろうとする叔母に抵抗するという役どころだ。麻生さんに、今作での好きなシーンや難しかった場面、声の収録の裏話などについて聞いた。

 ◇カミーユの涙は「幸せの象徴」

 「ぼくの名前はズッキーニ」は、母を亡くした9歳の少年ズッキーニが、預けられた孤児院で、一緒に暮らす子供たちと成長していく姿を描く。ズッキーニの声を、俳優としても活躍するロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸さんが担当するほか、ズッキーニのことを気にかける心優しい警察官レイモンを、俳優、イラストレーター、小説家などマルチな才能を発揮するリリー・フランキーさんが演じている。2016年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルで最優秀作品賞・観客賞をダブル受賞した作品だ。

 「字幕版は字幕版で好きなのですが、吹き替え版になると分かりやすくなるというか、絵も隅々まで見られ、字幕で見ていたときより情報がとても多く伝わってきました」と麻生さんは吹き替え版の魅力をアピールする。

 印象に残ったのは、カミーユの「表情」で、特に、映画の最後に見せる涙は、深く心に刻まれたという。2児の母の麻生さんは「私が親だからなのかもしれませんが、いろんな感情を読み取れて、すごく泣けました。どういうふうに育ってきたのかから始まって、両親はすごく仲が悪かったんだろうなとか、最終的に(家庭で)ああいう事件が起こってしまって、私の想像を超える悲しみだろうし、そういうものがあって、この孤児院に来て、そこはすごくいい環境で、お友達と呼べるような人たちに出会って……」とカミーユの心の変遷を推しはかる。

 そして、「あそこ(ラストシーン)で見たものが、(カミーユにとって)幸せの象徴というか、明るい未来に見えたんじゃないかなとか、いろんなことを思い出しているのかなとか、そういう想像があふれてきました」と話す。

 ◇何か大人がしてあげられることがあればいいのに…

 好きなシーンに挙げたのは、ズッキーニたちが、孤児院の先生に連れられて行ったスキー場で、仲のよい母子を見つめる場面。そのときの子供たちの顔が「ちょっとたまらないですね」と麻生さん。

 「あそこもまた想像させるシーンというか、子供たちが何を考えているのか考えますよね。優しそうなお母さんと子供。うらやましくて、やっぱり見ちゃいますよね。もう胸が痛い(笑い)。あの、子供たちの並んでいる顔は、すごく心に訴えかけられました」としみじみ語る。

 そんな孤児院の子供たちを見ながら、「私には、自分にできることをするしかないな。それプラス、何か大人がしてあげられることがあるならいいのにな、ということを、この作品を見て思いました」と話す表情に2児の母の顔がのぞく。

 ◇すてきな“峯田ズッキーニ”と素晴らしい“リリー・レイモン”

 収録は、峯田さんとリリーさんがそろった状態で行われた。字幕のオリジナル版を見たときは、カミーユのハスキーボイスに、「これに合わせるとなると、低めのトーンの声を出さなければいけないかな」と正直、戸惑ったという。しかし、「やっぱり子供っぽい声も出してみたい」と「少し、作りました」と明かす。

 今回はクールな女の子の役だったためそれほど作り込むことなく演じられたそうだが、笑い声など感情が高まる時の声は難しかったそうだ。

 かたや、オリジナルのズッキーニの声は高め。演じる峯田さんの声は低い。麻生さんは、峯田さんの第一声を聞いたとき、オリジナルの声と「あ、違うな」と思ったそうだが、すぐに違和感は取り除かれ、「ズッキーニなんです。すごく愛らしいズッキーニになっていて、こういう表現方法もあるのか、これはこれですてきだなあ」と“峯田ズッキーニ”が気に入ったという。

 一方のリリーさんは、収録前にはさんざん麻生さんと峯田さんを笑わせていたそうだが、マイクの前に立つと、静かな口調でゆったりとしゃべるレイモンになりきり、そのひょう変ぶりに、「プロですよ。素晴らしいです」と感服していた。

 次回は、好きなキャラクターや最近お気に入りのファッション、さらに10年後の自分について聞く。

 <プロフィル>

 あそう・くみこ。1978年6月17日生まれ。千葉県出身。1995年の映画「BAD GUY BEACH」で映画デビュー。98年の「カンゾー先生」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞した。最近の映画出演作に「グッモーエビアン!」(2012年)、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」(13年)、「ラブ&ピース」(15年)、「俳優 亀岡拓次」(16年)など。待機作として9月28日公開の「散り椿」がある。

彼女がキレイな理由 最新記事

彼女がキレイな理由:土屋太鳳さん 独自の“弱気”克服法とは? 気になるファッションアイテムも

 女優の土屋太鳳さんの主演映画「春待つ僕ら」(平川雄一朗監督)が14日に公開される。映画は、2014年からマンガ誌「月刊デザート」...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 女性が輝き続ける秘訣は「夢を持っていること」 母としての理想像は?

 女優の篠原涼子さんが、東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督)で、突然の事故により意識不明となっ...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 主演映画で「普段の幸せを実感」 親として西島秀俊と思いを共有

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 夫・市村正親が背中押す 困難に立ち向かう母役に「もっと演じ続けたい…」

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった我が子...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 10年後の自分は? 「一度は結婚してみたい」

 公開中の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)は、一人の女性が、“お茶”を通して人生が豊かに彩られていく様を描いたヒ...

アクセス上位記事