検索
4月スタートの連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」で主演を務める坂口健太郎さん=関西テレビ提供
1 / 7

4月スタートの連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」で主演を務める坂口健太郎さん=関西テレビ提供

坂口健太郎:撮影中の「熱量がすごい」 座長として「僕なりの正解が見つかれば」 連ドラ「シグナル 」主演

 4月スタートの連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(関西テレビ・フジテレビ系)で主演を務める俳優の坂口健太郎さんが、このほどカンテレ本社(大阪市北区)で取材に応じた。主人公の三枝健人を演じる坂口さんは、撮影について「全員がこの作品に対して熱量がすごく強いし、監督などとも密にやりとりできていると思います。健人のせりふや行動一つ取っても、擦り合わせの時間をちゃんと持ってくれるので、お芝居するときに頭の中にハテナがない状態でできていて、役をやる身としてはありがたいです」と順調さをアピールした。

 今作がテレビドラマ初主演の坂口さんは「これまで、“座長”という一番手の方を見てきた中で、今回は僕なりの正解が見つかればいいなと思います」と話し、「気負いなく、自分が一番力を抜いてできて、一番焦りもない形で、僕でいられたらいいかな」と語っている。

 ドラマは、韓国のテレビや映画の総合芸術賞「第52回百想芸術大賞」などを受賞した作品「シグナル」が原作で、坂口さん演じる“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の2人が謎の無線機を通じて、未解決事件を解き明かそうとするサスペンス。坂口さんが城西警察署の警察官・三枝健人を演じるほか、健人と時空を超えて無線機で交信する“過去”の刑事・大山剛志役で北村一輝さん、健人とタッグを組む強気でクールな刑事・桜井美咲役で吉瀬美智子さん、警視庁の刑事部長・中本慎之助役で渡部篤郎さんらが出演する。

 「シグナル 長期未解決事件捜査班」は、4月10日から毎週火曜午後9時に放送。初回は15分拡大版。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る