毎日キレイ

  1. HOME
  2. 彼女がキレイな理由 モデル・女優
  3. 記事
彼女がキレイな理由,モデル・女優

尾野真千子さん 声のコンプレックス克服 声優挑戦「楽しみだった」 こだわりは…

短編アニメ集「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」で声優を務めた尾野真千子さん

短編アニメ集「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」で声優を務めた尾野真千子さん

 女優の尾野真千子さんが、公開中の短編アニメ集「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」の1編「サムライエッグ」(百瀬義行監督、16分)で声優を務めている。「サムライエッグ」は、卵アレルギーを持った少年シュンとその家族が懸命に生きる姿を描いた作品で、尾野さんはママの声を担当。アニメの声優はほぼ初挑戦という尾野さんは「私に声をかけてくださったのがすごくうれしくて。チャンスだし、挑戦だし、とても楽しみでした」というが、「すごく難しくて、声優さんを本当に尊敬しました」と苦労も明かす。そんな尾野さんに声の演技の難しさについて、また自身のこだわりについて聞いた。

 「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」は、スタジオポノックの短編アニメーションプロジェクト「ポノック短編劇場」第1弾。カニの兄弟の大冒険を描いたファンタジー「カニーニとカニーノ」(米林宏昌監督、18分)は、女優の木村文乃さんが主人公のカニーニ、鈴木梨央さんが弟カニーノを演じている。「サムライエッグ」は篠原湊大(そうた)君がシュンの声を担当。俳優の坂口健太郎さんも出演している。見えない男の孤独な闘いを描いたスペクタクルアクション「透明人間」(山下明彦監督、13分)は俳優のオダギリジョーさんが透明人間、田中泯さんが盲目の男の声を担当している。この短編3編とオープニング&クロージング(計7分)の映像で構成されている。

 ◇以前は声にコンプレックスも

 尾野さんは「声のお芝居ってほぼ初めてだったんですよね。ちゃんとお芝居という形で1本の作品に出させていただくのは何より楽しみでした」と今回のオファーを喜んだ。

 以前は「声にコンプレックスを持っていた」と明かす。オーディションでダメ出しされて「やっぱり変なのかな私の声って、と自分の中でいろいろと考えることがあって」というが、「ナレーションなどいろんなことをやっていくにつれて、だんだん自分の声でもいいんだと思い始めて。オファーをしてくださる方がいて、それでだんだん自信をつけてきて、そのコンプレックスも今はもうないです」と仕事を重ねたことで克服することができた。

 だが、今回のアニメの声優の仕事は「表現が限られているところが難しかった」という。「映画やドラマなど映像の中でやるときは全身で表現しているので、例えばいくら声が出なかったとしても動作でカバーしたり、いろんなことができたりしたことが、声優ではできないわけですから。すごく苦戦しましたし、声優さんというお仕事を本当に尊敬します」と話す。

 自身の録(と)った声を確認してみると「一言投げかけるだけの声が、紙(台本)に書かれていることを読んでいるようにしか聞こえなかったりするんですよね。自分では人に呼びかけるように言っているつもりなんだけど、なんか違う……。自分が(映像に)出て表情が出せれば分かってもらえるのに、声だけだとこんなにショボくなっちゃうんだ、と思って、自分に嫌気がさしたり……」となかなか納得がいかなかった。

 監督からは「『もっと話しかけているように』とか『もっともっと』って」と要求された。自身では「1、2割程度しか(できていない感覚)。これでも伸び伸びやった方だと思います。でもやっぱり勝手が分からなかったり。状況がいまいちよくのみ込めなかったり……。ずっと、もやもやしてました(笑い)。『今日はこれで終わり』と言われても『終わったー』ってならない。ずっともやもや。苦しい(笑い)。本当にそれぐらい難しい」と苦労を明かす。

 ◇こだわりは…

 そんなふうに仕事に真摯(しんし)に取り組む尾野さん。普段、こだわっていることを聞くと「入浴剤ですね。地方に行くときに温泉に行ったりすると、湯の花とかそこにしかないめずらしい入浴剤などが置いてあると買ってきます」と笑顔で語る。

 好きな入浴剤のタイプは「いい香りがするものが好き。リラックスできる香りが好きかな。ラベンダーも好きですね。すっきりしたいなと思ったらユーカリの芳香剤とか。夏でもクールなのではなくて、温まるのが好きです」と話す。

 「ついついネット通販とかでも買っちゃうんですけど、思ったよりサイズが大きいんですよね。そういうのが届いて困ったり」と笑う。

 入浴時間は短いというが「短いからこそ入浴剤を使って、ちょっとでも長く入ろうというのが(こだわりの)始まりだった」という。現在、家には「数えていないけれど、次から次へと結構使ってしまうので、現在は10種類くらいはあります」と語っていた。

 次回はレコーディング中のエピソードやアニメへの思い、今作の見どころなどについて聞く。

 <プロフィル>

 おの・まちこ 1981年11月4日、奈良県出身。河瀬直美監督に見いだされ主演映画「萌の朱雀」(1997年)でデビュー。河瀬監督と再タッグした主演映画「殯(もがり)の森」(2007年)はカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。11~12年にNHK連続テレビ小説「カーネーション」でヒロインを演じた。今年の公開作に「素敵なダイナマイトスキャンダル」「クソ野郎と美しき世界」、19年の公開待機作として「影踏み」がある。

彼女がキレイな理由 最新記事

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 主演映画で「普段の幸せを実感」 親として西島秀俊と思いを共有

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 夫・市村正親が背中押す 困難に立ち向かう母役に「もっと演じ続けたい…」

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった我が子...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 10年後の自分は? 「一度は結婚してみたい」

 公開中の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)は、一人の女性が、“お茶”を通して人生が豊かに彩られていく様を描いたヒ...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 「カッコいい女優」樹木希林さんと過ごした有意義な時間

 女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)が公開中だ。“お茶”を通して一人の女性の人生が豊かに彩られていくさまを描...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 初めて茶道を体験「25年間分の重さ」を表現

 女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」(大森立嗣監督、13日公開)は、一人の女性が“お茶”を習い始めた...

アクセス上位記事