毎日キレイ

  1. HOME
  2. 彼女がキレイな理由 モデル・女優
  3. 記事
彼女がキレイな理由,モデル・女優

尾野真千子さん 「夢を追いかけている人」に憧れ 休日は直感で決めた場所へ

短編アニメ集「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」で声優を務めた尾野真千子さん

短編アニメ集「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」で声優を務めた尾野真千子さん

 女優の尾野真千子さんが、短編アニメ集「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」の1編「サムライエッグ」(百瀬義行監督、16分)でママの声を担当した。卵アレルギーを持った少年シュンとその家族が懸命に生きる姿を描いた作品。尾野さんは、今回アニメの声優にほぼ初挑戦で「もっと小さな子供に話しかけるように小さな声で」と監督から言われても「私にとってはやっているつもりなんだけど……」と戸惑いもあったようだ。尾野さんに、収録秘話や休日の過ごし方、生き方などについて聞いた。

 「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」は、スタジオポノックの短編アニメーションプロジェクト「ポノック短編劇場」第1弾。カニの兄弟の大冒険を描いたファンタジー「カニーニとカニーノ」(米林宏昌監督、18分)は、女優の木村文乃さんが主人公のカニーニ、鈴木梨央さんが弟カニーノを演じている。「サムライエッグ」は篠原湊大(そうた)君がシュンの声を担当。俳優の坂口健太郎さんも出演している。見えない男の孤独な闘いを描いたスペクタクルアクション「透明人間」(山下明彦監督、13分)は俳優のオダギリジョーさんが透明人間、田中泯さんが盲目の男の声を担当している。この短編3編とオープニング&クロージング(計7分)の映像で構成されている。

 ◇声の強弱で試行錯誤

 プレスコ(ラフな画面を見ながら声を当てる)で、尾野さんは「前半が難しかった。やっぱり、気持ちが乗るまでに時間がかかった」という。百瀬監督からは「前半に(シュンに)声をかけるシーンで『もうちょっと小さい子供に声をかけるように』と。他の人がやってみせてくれるんですけど、『やらないで。私がやるの!』って、(できない自分に)イラっとして……。いろんなことが自分の中で起こるわけです(笑い)」と試行錯誤した。

 今回、声優の経験をしたことで、普段の演技への影響はあるのだろうか。「そこは全然変わってないんですよね。私のお芝居のやり方は、本当に経験したことが反映されることが多いので。もし変わるとしたら声のお仕事をしたことで、声の強弱が変わっているのかもしれないですけど、自分としては変化はなく、こういうこと(声優の仕事)もできた!という自信ですかね」と語る。

 大人が見ても楽しめる「サムライエッグ」については「みんなに見てもらいたいというのが本音です。本当に身近な話だから、アレルギー体質に急になってしまったり、アレルギーは変化が起こりやすいので、それで苦しんでいる人たちもたくさんいるだろうし。今回、いろんな人に見てもらって、アレルギーの存在そのものを知ってほしい。あと、アレルギーだけじゃなくて、親子の関係も見てほしいポイントですね」と呼びかけた。

 ◇行く先は「降ってくるのを待つ」

 多忙な日々を送る尾野さんだが、休みの日には「短い休み(1、2日)だったら国内の海が見えるところ、風通しのいいところに行きたい。1、2日、ゆっくり時間が流れるところで。長期だったらいろんなところにせわしなく行くのが好きです。明日はどこ、次の日はどこって、いろんな経験をして、いろんなものが見たい。海外も行きたいですし、海外にも、国内にも行って、さまざまなものを吸収したい」と目を輝かせる。

 行く先は「(行きたいと)降ってくるのを待ってます。この間も北海道に行ってきました」と直感的に決める。これまでで一番思い出深い場所は「インドネシアのバリ島かな。撮影に行ったんですけど、自分の中で一番印象的でいい経験にもなり、すごく吸収できた土地だったので。もう一度、バリ島に行ってみたいですね」と思いをはせていた。

 ◇ちょっとした心がけで健康を維持

 美容や健康で普段気を使っていることは「ニキビができやすいので、食生活を気にしています。ナッツ類をあまり大量に摂取しないとか。洗顔も自分なりのやり方で、(皮膚に)あまり刺激を与えないように。使う洗顔料に気を付けたり、お風呂に入って湯船につかるのもいいのかなと思って」と語る。

 体を動かすのは「もともと、そんなに得意でも好きな方でもないので、あまり動かさないんですけど、たまに散歩とか、(ジムの)マシンで歩いたりとか、エスカレーターじゃなくて階段を使うとか。そういうことには気を使っています」と明かす。

 普段の生活の中でちょっとしたきっかけでできるものを心がけているといい、「そこにお金をかけてもどうかなと思って。でも、それだけ自分の体には負担はかかっています、頑張れば頑張るほど、キレイな体になったりするんでしょうけど、そこに無理してお金を使うんじゃなくて、自分ができる範囲で、自分はこういう体形、こういうスタイルが一番ベストなんだろうなという理想像を浮かべながらやっています」と話す。

 ◇気になるファッションアイテムは…

 そんな尾野さんが最近、一番気になるファッションアイテムは「最近はずっと楽なスタイルが多いですね。だから今、一番気になるアイテムはジャージーかな。ふらっと入ったお店で肌ざわりのいい短パンがあって。それを今はお気に入りでよくはいてますね。家でリラックスするときに。なるべく着心地のいいもの、肌ざわりがいいものが好き」と語る。

 好きな色は「特にないんですけれど、パキッとした色味のものが好きで、仕事のときに着るのは黄色とか原色系が多かったですよ」とこの日も鮮やかな黄色のブラウスに紫のロングスカートで個性を際立たせていた。

 ◇年を取っても女性が輝く秘訣は?

 最後に女性が60、70代になっても輝き続ける秘訣(ひけつ)を聞くと、「私が知っている人の中にずっと夢を追いかけている人がいて、すごくいいなと思うのは『今度、何歳になったらこれがしたいの』と夢を持っている。その人はしわもあるし、体形もすごくすてきかというと普通だし。見た目は本当に普通なんですけれど、そうやって夢を追いかけている姿が、すごくキラキラして見えて、美しいんです。しわも美しく見えて、私はこういう人になりたいという気持ちになったくらい。これがあるから頑張る。やりたいことに向かってその人は走るんです。『今度この料理を作るために料理教室に通う』とか。夢に向かって一歩ずつ、無理をせずに自分ができる範囲で進む人なので、こういう女性、いいなあと思って、私はその人に憧れています」と目を輝かせた。

 <プロフィル>

 おの・まちこ 1981年11月4日、奈良県出身。河瀬直美監督に見いだされ主演映画「萌の朱雀」(1997年)でデビュー。河瀬監督と再タッグした主演映画「殯(もがり)の森」(2007年)はカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。11~12年にNHK連続テレビ小説「カーネーション」でヒロインを演じた。今年の公開作に「素敵なダイナマイトスキャンダル」「クソ野郎と美しき世界」、19年の公開待機作として「影踏み」がある。

彼女がキレイな理由 最新記事

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 主演映画で「普段の幸せを実感」 親として西島秀俊と思いを共有

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 夫・市村正親が背中押す 困難に立ち向かう母役に「もっと演じ続けたい…」

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった我が子...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 10年後の自分は? 「一度は結婚してみたい」

 公開中の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)は、一人の女性が、“お茶”を通して人生が豊かに彩られていく様を描いたヒ...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 「カッコいい女優」樹木希林さんと過ごした有意義な時間

 女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)が公開中だ。“お茶”を通して一人の女性の人生が豊かに彩られていくさまを描...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 初めて茶道を体験「25年間分の重さ」を表現

 女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」(大森立嗣監督、13日公開)は、一人の女性が“お茶”を習い始めた...

アクセス上位記事