毎日キレイ

  1. HOME
  2. 彼女がキレイな理由 モデル・女優
  3. 記事
彼女がキレイな理由,モデル・女優

新木優子さん 少女マンガ原作「学生のころ、よく読みました」 撮影現場でも盛り上がる

映画「あのコの、トリコ。」にヒロイン役で出演している新木優子さん

映画「あのコの、トリコ。」にヒロイン役で出演している新木優子さん

 女優の新木優子さんがヒロインを演じる映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督)が10月5日に公開される。原作は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で白石ユキさんが連載していたマンガで、コミックスの累計発行部数100万部(電子ダウンロード含む)を突破している人気作。映画では、主人公の頼(より)を吉沢亮さん、頼が幼い頃から思いを寄せる雫を新木さん、頼のライバルで超人気イケメン俳優・昴役を杉野遥亮さんが演じ、恋と夢を追いかける幼なじみの三角関係が描かれる。モデルの仕事をしながら女優という夢に向かって一直線の女子高生を演じた新木さんに、子供のころの思い出やこだわりについて聞いた。

 「あのコの、トリコ。」は、頼が東京の芸能コースがある高校に転入し、幼いころから好きだった雫と再会。女優という夢に向かって真っすぐに頑張る雫に改めて恋をした頼は、彼女の付き人として現場に同行するようになる。ある日、ランジェリーの広告撮影で昴があるアクシデントで帰ってしまい、降板させられそうになる雫。そこで頼は、昴の代役を引き受けることに。この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を大きく変えていく。

 ◇子供時代は「外で走り回って、夜は爆睡」

 映画では頼、雫、昴の子供時代が登場する。新木さん自身はどういう子供だったのだろうか。新木さんは「すごく活発でしたね。だから(役の雫と)似ているかもしれません。木から落ちたりしていました(笑い)。(映画では頼が受け止めたが)助けてくれる彼はいなかったけど……」と笑顔で語る。「毎日、外で走り回って、くたくたになるまで遊んで。夜は家で爆睡(笑い)」と雫のように活発だったという。

 原作は少女マンガだが、新木さん自身、マンガは「学生時代は特によく読みました。一番はまったのは『カードキャプターさくら』(CLAMP、講談社)。アニメも見ていました。あとは『おもいで金平糖』(持田あきさん、集英社)という作品があって、それは今でもふと思い出したりします。金平糖を食べると時間が戻る、そういうお話です」と明かす。

 今作の撮影現場でも、吉沢さんとマンガの話で盛り上がったといい、「私は最近、サッカーのマンガで『アオアシ』(小林有吾さん、小学館)にすごくハマってるんですけど、吉沢さんも同じ作品を読まれていて、一緒の撮影のときに横でサッカーをやっていたんです。で、私が『アオアシ』を読んでいるからそれを思い出しながら見ていたら、『アオアシ』の話に偶然なって、『面白いよね』って話をしたり。あとは『休日何してるの?』とか。本当に他愛のない話をしていましたね」と振り返る。

 また「普段の自分と今回の役が重なるかという話もしました。吉沢さんは、結構インドア派だから(頼と)結構重なるということを言っていました」と親交を深めたという。

 ◇季節の変わり目「保湿に気をつけたい」

 そんな新木さんが健康や美容でこだわっていることは、今の時期だと「とにかく保湿。この季節にしっかりするということにはこだわっていますね」と語る。具体的には「お風呂から上がったら、まず毎日パックしています」という。パックは「なるべく肌に優しいけれど、たっぷり美容成分が入っているものを選ぶようにしていて。でも1枚1枚が高いものではなくて、毎日続けられる価格帯のものにしています」と明かす。

 気をつけていることは「季節の変わり目は一番肌の状態が変わりやすいので、なるべく保湿には気をつけていきたいです。しすぎてもだめだし、やらなすぎてもだめというところがあるので、自分の様子を見ながらやっていきたいなと思います」と語った。

 食べ物や飲み物のこだわりは「水はよく飲むようにしています。以前は1日に、500ミリリットルも飲まなかったんですけど、最近は1リットル以上、できれば2リットルぐらいは飲むようにしています」といい、「ジムに週に1回から2回、通っています」と定期的に体を動かすようにしているという。

 ◇鞄はいくらあっても足りない

 つい集めてしまうファッションアイテムを尋ねると、「鞄はいくらあっても足りないと思ってしまいますね」と笑顔で語る。

 「最近はディオールのオブリークという柄がすごく好きで、ビンテージのものから今季のオブリークはたくさん可愛いのが出ているので、ちょっとそろえたいな、と。少しずつ自分のお気に入りを増やしていきたいなって思いますね」と語った。

 次回は、映画「あのコの、トリコ。」について、また女優の仕事について聞く。

 <プロフィル>

 あらき・ゆうこ 1993年12月15日生まれ、東京都出身。2014年からファッション誌「non-no」(集英社)の専属モデルとして活躍。「ゼクシィ」(リクルート)の8代目CMガールにも抜てきされた。主な映画出演作は「聖の青春」(16年)、「僕らのごはんは明日で待ってる」(17年)、「悪と仮面のルール」「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(共に18年)。ドラマは「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(17年)、「トドメの接吻」(18年)など。10月8日から放送開始のフジテレビ“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」に出演する。

彼女がキレイな理由 最新記事

彼女がキレイな理由:土屋太鳳さん 独自の“弱気”克服法とは? 気になるファッションアイテムも

 女優の土屋太鳳さんの主演映画「春待つ僕ら」(平川雄一朗監督)が14日に公開される。映画は、2014年からマンガ誌「月刊デザート」...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 女性が輝き続ける秘訣は「夢を持っていること」 母としての理想像は?

 女優の篠原涼子さんが、東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督)で、突然の事故により意識不明となっ...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 主演映画で「普段の幸せを実感」 親として西島秀俊と思いを共有

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 夫・市村正親が背中押す 困難に立ち向かう母役に「もっと演じ続けたい…」

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった我が子...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 10年後の自分は? 「一度は結婚してみたい」

 公開中の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)は、一人の女性が、“お茶”を通して人生が豊かに彩られていく様を描いたヒ...

アクセス上位記事