検索
劇場公開されるドラマ「聖☆おにいさん」の一場面 (C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
1 / 1

劇場公開されるドラマ「聖☆おにいさん」の一場面 (C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

今週シネマ:12、13日公開の映画 「聖☆おにいさん」「音量を上げろタコ!~」「ムタフカズ」…話題作が続々

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。12日には、俳優の松山ケンイチさんと染谷将太さん出演で人気マンガを実写化したドラマ「聖☆おにいさん」(福田雄一監督)、俳優の阿部サダヲさん主演の映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(三木聡監督)、劇場版アニメ「ムタフカズ」(西見祥示郎監督)、俳優の中川大志さん主演の映画「覚悟はいいかそこの女子。」(井口昇監督)が公開。13日には、女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」(大森立嗣監督)が公開される。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。松山さんがイエス・キリスト、染谷さんがブッダをそれぞれ演じる。俳優の山田孝之さんが製作総指揮し、映画「銀魂」シリーズなどの福田さんが監督・脚本を担当。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエス・キリストは、下界でバカンスを取ろうと、東京・立川のアパートでルームシェアを始める……というストーリー。動画配信サービス「ピッコマTV」で18日から配信されるのに合わせて限定公開。

 「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は、“声帯ドーピング”のやり過ぎで喉が崩壊寸前の、阿部さん演じる世界的ロックスターと、吉岡里帆さん演じる驚くほど声が小さいストリートミュージシャンが偶然出会ったことで巻き起こる騒動を描いている。三木監督作常連の麻生久美子さん、ふせえりさん、松尾スズキさんらも出演している。

 「ムタフカズ」は、草なぎ剛さんや柄本時生さん、満島真之介さんが声優を担当。劇場版アニメ「鉄コン筋クリート」(2006年)などを手掛けたアニメ制作会社「STUDIO4℃」と、フランスのマンガ家・ギヨーム“RUN”ルナールさん、ゲームや書籍などの制作会社「ANKAMA」とのコラボ作。バイオレンス色の強い独特の世界観や異彩を放つキャラクターデザインなどが魅力の異色作だ。

 「覚悟はいいかそこの女子。」は、椎葉ナナさんが少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)で連載したマンガが原作。超絶イケメンだが恋愛経験のない究極ヘタレの主人公・古谷斗和(ふるや・とわ=中川さん)が、彼女を作るために奮闘する姿がコミカルに描かれる。モデルで女優の唐田えりかさんが、斗和が告白をする学年一の美少女・三輪美苑を演じている。公開に先駆けて、前日譚(たん)となる連続ドラマがMBS・TBSのドラマイズム枠で6月から全5話で放送された。

 「日日是好日」は、人気エッセイストの森下典子さんが自身の体験をつづったロングセラーエッセー「日日是好日 『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」(新潮文庫)が原作。お茶と共に人生を歩む女性の、20歳からの二十数年間を描く。9月に亡くなった樹木希林さんが主人公・典子(黒木さん)のお茶の師匠を演じている。多部未華子さんが典子と同じ年のいとこ・美智子を演じているほか、人気アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さん、鶴見辰吾さん、鶴田真由さんらも出演している。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る