検索
連続ドラマ「獣になれない私たち」第8話のシーンカット=日本テレビ提供
1 / 7

獣になれない私たち:第8話 新垣結衣&“元カノ”黒木華が同僚に 松田龍平の兄が逮捕

Twitterでシェア

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の8話が28日放送される。「ツクモ・クリエイト・ジャパン」の業務改善に向けて積極的に動き出す晶は、社長の九十九(山内圭哉さん)にスタッフ増員を提案。やがて、面接に京谷(田中圭さん)の元カノの朱里(黒木華さん)がやってくる。

 恒星(松田さん)は、呉羽(菊地凛子さん)の夫でゲームクリエーターの橘カイジの会社の上場を手伝うことにしたが、何度も打ち合わせをキャンセルされていた。それを聞いた晶は「呉羽が乗り気なだけで、本当はカイジが恒星を意識していて会いたくないのでは?」という仮説を立てる。

 そんな中、恒星のもとに、警察から行方不明中の兄・陽太(安井順平さん)が酔っ払いの財布から金を盗もうとして捕まったという連絡が入る。恒星は、処分が決まるまで自分の事務所に陽太を連れ帰る。しかし、恒星が目を離した隙(すき)に、陽太は事務所から逃走してしまう。やがて、恒星は晶に「自分がなぜ兄のことが大嫌いなのか」など兄との間に起こった過去の出来事を明かす……という展開。

 「獣になれない私たち」は、ヒット作「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」(共にTBS系)などで知られる野木亜紀子さんによるオリジナルストーリー。理想の女性を演じるために身を削って努力している深海晶と、世渡り上手の毒舌男・根元恒星が本音でぶつかり合いながら、自分らしく踏み出す姿を描く。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る