検索
2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の新キャスト発表会見に登場した松坂桃李さん
1 / 7

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の新キャスト発表会見に登場した松坂桃李さん

今週のイケメン:松坂桃李が色男役でNHK大河出演へ 及川光博が2年ぶり「相棒」に 後編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(12月11~17日)は、松坂桃李さんが来年放送されるNHKの大河ドラマに出演するニュース、及川光博さんが人気刑事ドラマシリーズ「相棒」に約2年ぶりに出演するニュース、などが注目された。前後編で取り上げる。

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年1月6日スタートのNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新キャスト発表会見が14日、東京・渋谷の同局であり、松坂さんが、日本オリンピック委員会常任委員の岩田幸彰(ゆきあき)役で出演することが明らかになった。岩田は、頭脳明晰(めいせき)で、おしゃれに背広を着こなし、いつもきれいな女性に囲まれている色男というキャラクター。

 「いだてん」はオリンピックをテーマに、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、約半世紀を描くオリジナルストーリー。主演は中村勘九郎さんと阿部サダヲさん。勘九郎さんは日本最初の五輪選手となる金栗四三を演じ、阿部さんはコーチとして日本水泳の礎を築き、「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治を演じる。勘九郎さんと阿部さんがリレー形式で主演のバトンをつなぐ。

 松坂さん演じる岩田は、1956年、メルボルンオリンピックの団長であった田畑(阿部さん)から懇願されて秘書になり、翌年、日本オリンピック委員会の役員に就任。持ち前の情熱と行動力でオリンピックの東京招致に貢献し、1964年の東京オリンピックを成功に導いた立て役者で、田畑と二人三脚のオリンピック人生を歩む。

 星野源さんが外交評論家・ジャーナリストの平沢和重役、松重豊さんが東京都知事の東龍太郎役、小泉今日子さんが“落語の神様”と呼ばれる昭和の大名人・古今亭志ん生の長女の美津子役を演じ、岩松了さん、永島敏行さん、柄本時生さん、ベンガルさん、根岸季衣さん、大方斐紗子さんが出演することも明らかになった。

 テレビ朝日系の人気刑事ドラマ「相棒シーズン17」(水曜午後9時)の平成最後の元日スペシャルが19年1月1日午後9時から放送されることが決定し、及川光博さん扮(ふん)する2代目相棒の神戸尊が約2年ぶりに登場する。

 及川さん演じる尊は、映画「相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」(17年公開)、「シーズン15」の第13、14話(同年2月1日、8日放送)にも登場した。神戸は、現在、警察庁長官官房付で勤務、主人公の杉下右京(水谷豊さん)からある依頼を受けて、特命係の窮地に登場し、反町隆史さん演じる現在の相棒・冠城亘と共にアクションに挑む。

 元日スペシャルには大地真央さんと西岡德馬さんがゲスト出演する。「相棒」シリーズ初出演の大地さんは、物語の鍵を握るシャンソン歌手の神崎瞳子、西岡さんは衆議院議員の敦盛劉造を演じる。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る