毎日キレイ

  1. HOME
  2. 本・シネマ
  3. 記事
本・シネマ

注目映画紹介:「アクアマン」 水陸両生の異色ヒーローが二つの故郷のために立ち上がる!

映画「アクアマン」のメーンビジュアル (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & (C)DC Comics”

映画「アクアマン」のメーンビジュアル (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & (C)DC Comics”

 海の生物と“会話”ができるヒーロー、アクアマンの活躍を描く映画「アクアマン」(ジェームズ・ワン監督)が、8日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。DCコミックの中でも水陸両生という異色のヒーローが、海底と地上、二つの故郷のために立ち上がり、縦横無尽の活躍を見せる。

 海底帝国アトランティスの若き王オーム(パトリック・ウィルソンさん)は、海の平和を乱す人間に報復するため、七つの海底王国を支配し、地上征服を狙っていた。海底国ゼベルの王女メラ(アンバー・ハードさん)は、この危機的状況を打破するため、今は地上で暮らすアーサー・カリー(ジェイソン・モモアさん)に協力を求めに来る。アーサーはアトランティスの元女王アトランナ(ニコール・キッドマンさん)と人間のトム・カリー(テムエラ・モリソンさん)の間に生まれたアクアマンだった……という展開。

 日本語吹き替え版では、アクアマンの声を安元洋貴さんが担当するほか、オームを中村悠一さん、メラを田中理恵さん、アトランナを沢城みゆきさん、アクアマンの少年時代を村瀬歩さんが演じる。

 「バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生」(2016年)や「ジャスティス・リーグ」(17年)では脇に徹していたアクアマンが、やっと俺様の出番だぜ!とばかりに大活躍する。筋肉ムキムキの肉体と無造作な長い髪、そしてあごひげのせいで一見近寄りがたいが、実はビール好きの、ちゃめっ気たっぷりのイイヤツで、一気に親近感が湧く。DCコミックの実写映画は「暗い」というイメージがあったが、あっさりと吹き飛んだ。

 「ワイルド・スピード SKY MISSION」(15年)などで知られるワン監督が手掛けた。アクションのド派手さは言うまでもないが、キラキラと輝く海底帝国の美しさに見とれていたら、その後に展開するバトルシーンに度肝を抜かれた。アクアマンと異父弟オームの一騎打ちにはゾクゾクさせられた。

 出自を受け入れ、二つの故郷のために立ち上がったアクアマンは、冒険を通じて顔付きがみるみる変わっていく。闘争心むき出しの熱い女メラや、断腸の思いで息子を手放したアトランナなど、深みのある人物造形にもうならされた。(りんたいこ/フリーライター)

本・シネマ 最新記事

今週シネマ:8月16日公開の映画 「ダンスウィズミー」「イソップの思うツボ」「黒い乙女A」…話題作が続々

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。8月16日は、「ウォーターボーイズ」(2001年)などの矢口史靖監督...

chay:オール私物で「まいまい顔のつくり方」を公開 初ビューティーブック発売

 モデルで歌手のchayさんが、9月17日に自身初のビューティーブック「chay’s BEAUTY BOOK」(小学館)を発売する...

元NGT48山口真帆:24歳の誕生日にファースト写真集を発売 「新しい私を知ってください」

 アイドルグループ「NGT48」の元メンバーで、芸能事務所「研音」に所属する山口真帆さんが、24歳の誕生日となる9月17日に、初の...

注目映画紹介:「ダンスウィズミー」矢口史靖監督初のミュージカルコメディー 三吉彩花が突き抜けたダンスを披露

 映画「ダンスウィズミー」が、8月16日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。「ウォーターボーイズ」(20...

Hey! Say! JUMP:3年ぶり「CanCam」表紙 理想のデートプランで“胸キュンシーン”再現

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」が8月23日に発売される女性ファッション誌「CanCam」(小学館)10月号で表紙を...

アクセス上位記事