検索
名古屋市内で開催された映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつに登場した眞栄田郷敦さん
1 / 10

名古屋市内で開催された映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつに登場した眞栄田郷敦さん

眞栄田郷敦:新田真剣佑の弟「名古屋は大事にしていた場所」 吹奏楽部全国大会出場の過去

 俳優の千葉真一さんを父、新田真剣佑さんを兄に持つ俳優の眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さんが6月2日、名古屋市内で行われた映画「小さな恋のうた」(橋本光二郎監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。眞栄田さんは「名古屋は高校の時すごく大事にしていた場所」と明かした。

 眞栄田さんは「僕、高校の時、吹奏楽部だったんですけど、名古屋で全国大会があるんですよ。すごくいっぱい涙を流しましたし、笑顔もいっぱいで、思い出深い」と振り返り、「駅も懐かしくて、身の引き締まる感じでした」と話した。

 舞台あいさつには主演したボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、共演した森永悠希さん、山田杏奈さん、橋本監督も登場。この日が同作の舞台あいさつの最終日であったことから、眞栄田さんは「今日、最後の舞台あいさつになっちゃって、むちゃくちゃ寂しいです」と話し、「ここに立っている皆さんに出会えたこと、森井(輝)プロデューサーに出会えたことが僕にとってすごく大きくて、すごく感謝している。次につなげて、感謝の気持ちを伝えたい。恩返ししたい」と感慨深げ。「泣きそうですね」とこぼすと、共演者から「すぐ泣くなー、お前は」と笑顔でフォローされていた。

 映画は3人組バンド「MONGOL800」(モンパチ)の同名曲を基にした作品。沖縄の小さな町で人気を集めていたある高校生バンドが、東京のレーベルからスカウトを受けてプロデビューを決めるが、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに1台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた1曲のデモテープと米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める……というストーリー。

 眞栄田さんは、主人公のボーカル担当・真栄城亮多(佐野さん)の親友で、女性バンドメンバー譜久村舞(山田さん)の兄・譜久村慎司を演じた。

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る