検索
初のフォトエッセー「1mmでも可愛くなりたい。」を発売した有村藍里さん
1 / 5

初のフォトエッセー「1mmでも可愛くなりたい。」を発売した有村藍里さん

有村藍里:整形、改名も赤裸々に 初フォトエッセーで語り尽くす

 女優の有村架純さんの姉でタレントの有村藍里さんが9月3日、初のフォトエッセー「1mmでも可愛くなりたい。」(扶桑社)を発売した。写真家の川島小鳥さんが撮り下ろしたカットと共に、有村さんが自身の「これまで」と「これから」をすべて語り尽くしている。

 同書では「引きこもりがちだった」という思春期や、芸能界デビューしてからの苦悩する日々、事務所独立、改名、「美容整形」に踏み切った理由などについても赤裸々に告白。「もっと『有村藍里』を知りたいQ&A71問」なども掲載されている。

 有村さんはフォトエッセーの発売にあたり「『自分を変えたい』という目標に向かって、私は一生、新しい経験に挑戦し続ける」とコメントしている。「1mmでも可愛くなりたい。」は四六判、1400円(税抜き)で発売中。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る