検索
のんさんが表紙を飾った「BRUTUS」の特集号「映画特集:いま観る理由」(C)マガジンハウス
1 / 1

のんさんが表紙を飾った「BRUTUS」の特集号「映画特集:いま観る理由」(C)マガジンハウス

のん:「いい映画に“痛み”はつきもの」 「犬神家の一族」など推しの10作品をピックアップ

 女優ののんさんが、11月1日発売のカルチャー誌「BRUTUS(ブルータス)」(マガジンハウス)の特集号「映画特集:いま観る理由」の表紙と誌面に登場した。表紙では、白いブラウスに赤いトップスを着たハーフアップヘアののんさんが、強いまなざしでこちらを見つめている。のんさんが同誌の表紙に登場するのは、2012年の「女優」特集号以来となる。

 今号の映画特集のテーマは「いま観る理由」。“創作あーちすと”としても活動し、「YouTube Originals」で公開中の映画「おちをつけなんせ」で監督デビューも果たすなど、さまざまな活動をして26歳になったのんさんの「いま観たい映画10選」を取り上げる。「チョコレート ドーナツ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」や「犬神家の一族」「今夜、ロマンス劇場で」などを挙げて、その理由を語り「いい映画に“痛み”はつきもの」と映画への思いも話している。

 同号にはこのほか、映画監督の是枝裕和さん、園子温さん、武正晴さん、女優の上白石萌音さんらのインタビューも掲載されている。また「韓国の政治がどうなってるのか気になるから」「女性のエンパワーメントが盛り上がっているから」といった、31の「いま観る理由」を基に、映画との新しいマッチングを提案している。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る