検索
映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(C)2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
1 / 7

映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(C)2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

注目映画紹介:「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」スカイウォーカー家の歴史に終止符 納得の大団円、シリーズ屈指の傑作

 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督)が、12月20日にTOHOシネマズ日比谷などで公開される。1977年に「新たなる希望」が全米公開されてから42年。いよいよ、ルーク、レイア、ダース・ベイダーことアナキン、カイロ・レンのスカイウォーカー家の歴史に終止符が打たれる。

 「スカイウォーカーの夜明け」は、「新たなる希望」から続くシリーズに幕を下ろす作品。祖父ダース・ベイダーの遺志を継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを受け継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイたちの活躍が描かれる。またレイの仲間であるフィンとポー、レジスタンスの将軍レイアらが、物語に彩りを加えている。

 前作「最後のジェダイ」(2017年)で評価を下げてしまった「スター・ウォーズ」だが、安心してほしい。エイブラムス監督の手腕は、実に見事だ。ファンの評判がよかったシーンや設定などをうまく生かし、誰しも納得の大団円に仕上げている。

 今作には、2016年に死去したレイア役のキャリー・フィッシャーさんのCGではなく本人の実写映像が登場する。「フォースの覚醒」(2015年)、「最後のジェダイ」で撮影されたフッテージ(未編集映像)が使用されているのだが、不自然さはまるで感じなかった。“ジェダイ”と対立している“シス”のパルパティーン(ダース・シディアス)やランド・カルリジアン、宇宙要塞(ようさい)「デス・スター」など過去作からキャラクターや施設が引用されている。サーガを完結させるには、過去作で活躍してきた彼らの再登場は必須条件だろう。

 これまでスピンオフやアンソロジーを含め、数十作品が作られた本シリーズだが、「スター・ウォーズ」で涙したのは、今作が初めての経験だった。シリーズ屈指の傑作といってもいいだろう。ファンは期待して劇場に足を運んでほしい。(石塚功/MANTAN)

写真を見る全 7 枚

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る