検索
人気グループ「King & Prince」の(左から)高橋海人さん、岸優太さん、平野紫耀さん、永瀬廉さん、神宮寺勇太さん
1 / 1

人気グループ「King & Prince」の(左から)高橋海人さん、岸優太さん、平野紫耀さん、永瀬廉さん、神宮寺勇太さん

King & Prince:平野紫耀、永瀬廉、高橋海人の舞台に密着 ジャニー喜多川さん「Show must go on」の意味とは

 人気グループ「King & Prince」の平野紫耀(しょう)さん、永瀬廉さん、高橋海人さんが出演している舞台「JOHNNYS’ IsLAND」に密着した、フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(関東ローカル)が、1月24日深夜0時55分から放送される。同舞台は昨年死去したジャニー喜多川さんが生前、エンターテインメントの集大成と位置付け、作り続けたシリーズの10作目。喜多川さんが訴え続けた平和の尊さや楽しみにしていた東京五輪に加え、常々口にしてきた言葉「Show must go on」の本当の意味を見つけるというテーマがあり、3人がその言葉をどう捉えているか語る場面も放送される。

 「King & Prince」のメンバーは、喜多川さんから直接、「Show must go on」の意味を聞いたことはないという。番組で平野さんは「ショーをしていることが平和であり、平和だからショーができる。それを絶やさないという意味でも『Show must go on』なのでは」、永瀬さんは「ジャニーさんは、あえて意味を言わなかったのではないか。その深い意味は自分たちで解釈して、自分の判断で動くことなのでは」と考えを語る。高橋さんは「デビューしてファンが付いてくれたことで、一人の人間としての夢ではなくなったから、ショーはもちろん、アイドルとしての人生を続けていかなければいけない」と答える。

 また「JOHNNYS’ IsLAND」で高橋さんは、戦場の場面をダンスで表現し、戦争の痛ましさ、平和の大切さと向き合う。永瀬さんは、太鼓やダンスの振り付けに苦戦。平野さんは、大切な人を亡くす喪失感を歌った曲の途中、嗚咽(おえつ)を漏らす。また同グループメンバーの岸優太さんと神宮寺勇太さんが同舞台を訪れ、高橋さんの言葉に涙を浮かべる。

写真を見る全 1 枚

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る