検索
映画「AI崩壊」の初日舞台あいさつに登場した(左から)岩田剛典さん、大沢たかおさん、賀来賢人さん
1 / 22

映画「AI崩壊」の初日舞台あいさつに登場した(左から)岩田剛典さん、大沢たかおさん、賀来賢人さん

大沢たかお:賀来賢人&岩田剛典と飲みに行くも予約失敗「相席に…」

 俳優の大沢たかおさんが1月31日、東京都内で行われた映画「AI崩壊」(入江悠監督)の初日舞台あいさつに、共演の賀来賢人さん、岩田剛典さんらと登場した。大沢さんは「賀来くんと岩田くんが『お話をしたい』と言ってくれたことがあって……」と食事を共にしたことを明かした。「食事の場でも(2人の)この作品に対しての思いや、『みんなに見てほしい』という思いを聞いて感動していた」と話しつつ、「ちょっと店の取り方を間違えてしまって。個室だと思っていたら、相席になってしまった。僕が遅れていったら、団体客の横に賀来と岩田くんが座っていた。申し訳なかった」と謝罪し、会場の笑いを誘った。

 大沢さんがキャストやスタッフを食事に誘って士気を高める場面も多々あったそうで、賀来さんは「包容力のある兄貴です」、岩田さんも「大沢さんが現場にいてくだされば安心、もう大丈夫だなと思わせてくれた」と大沢さんの男気にほれぼれとしていた。舞台あいさつには女優の広瀬アリスさん、入江悠監督も出席した。

 また、広瀬さんも大沢さんについて印象を語った。「クールなイメージがあって、言葉数の少ない方というイメージだったんですが、私がお肉の話をするとすごく返してくださったり、とても優しくて。“お父さん”と言ったら失礼かもしれませんが……」と話すと、大沢さんは“異議あり”といった様子で広瀬さんを見つめ、広瀬さんは「ごめんなさい! うそです!」と撤回。司会から「お父さんのような温かさ?」と話を向けられると、「そうです! まさに!」と声を上げて、大沢さんを笑わせていた。

 映画は、入江監督が脚本も担当したオリジナルストーリー。2017年に公開された映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」のスタッフが集結して製作された。医療・金融・交通・セキュリティーなど、AI(人工知能)が国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となった2030年の日本が舞台。ある日、信頼していたAIが暴走し想像を絶する大惨事が発生する……というストーリー。

写真を見る全 22 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る