検索
「2020年 エランドール賞」の新人賞を受賞し授賞式に出席した(左から)横浜流星さん、吉沢亮さん、神木隆之介さん
1 / 26

「2020年 エランドール賞」の新人賞を受賞し授賞式に出席した(左から)横浜流星さん、吉沢亮さん、神木隆之介さん

吉沢亮:「なつぞら」“天陽ロス”に感謝 横浜流星、神木隆之介、岡田将生も 「エランドール賞」授賞式

 映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する「2020年 エランドール賞」の授賞式が、2月6日に東京都内で行われ、スター性と演技力を兼ね備え、次代の映画やテレビを背負って立つことが期待される俳優に贈られる「新人賞」を受賞した吉沢亮さん、横浜流星さん、神木隆之介さんらが出席。プレゼンターとして岡田将生さんも登場した。

 吉沢さんは昨年、NHK連続テレビ小説「なつぞら」で演じた山田天陽役で“天陽ロス”が広がったことを「たくさんの方の反応を聞けたし、本当にうれしいです。これだけの反応をいただけるんだと感じたし、『なつぞら』で僕を知ってくれた人も多いと思います。見てくれる人の幅も広がったので」と感謝し、「その作品で(エランドール賞を)取れたことはうれしいです」と受賞を喜んだ。また同作のヒロインを演じた広瀬すずさんからビデオメッセージが届いた。

 昨年の「初めて恋をした日に読む話」(はじこい、TBS系)を皮切りに、一躍ブレークを果たした横浜さんは「応援してくださる方の気持ちに応えられるように、精いっぱい恩返しできるように、頑張っていきたい」「役者としての一つの目標である朝ドラや、大河ドラマにも出演できたら」と今後の目標を語った。ステージには「はじこい」で共演した深田恭子さんがプレゼンターとしてサプライズ登場し、横浜さんをハグで祝福した。

 神木さんは受賞を「光栄で幸せです。みなさんのおかげです」と喜び、「作品はみんなに見てもらって成り立つので、僕らは魂を込めて作っています。表現者としていろんな役、いろんなことに挑戦し、人として精進します」とコメント。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で脚本を担当した宮藤官九郎さんがプレゼンターとして登場し、劇中で古今亭志ん生の弟子・五(ご)りんを演じた神木さんを「2歳から仕事をされていて、新人賞。80、90歳まで仕事をするとしたら、まだ新人賞なのかな?」と独特の表現で祝福した。

 岡田さんは新人賞を受賞した清原果耶さんへのプレゼンターとしてサプライズで登場した。「なつぞら」で清原さんと兄妹を演じた岡田さんは「(『なつぞら』で演じた)咲太郎、お兄ちゃんとして、この場に立たせてもらいました」といい、「受賞おめでとうございます」と祝福の言葉を送った。

 新人賞はほかに安藤サクラさん、橋本環奈さんが受賞し、授賞式に出席した。またプレゼンターとして深田恭子さん、松岡茉優さん、阿部サダヲさん、シム・ウンギョンさんも登場した。

 特別賞は映画「新聞記者」の製作チームが受賞。プロデューサー賞は映画「翔んで埼玉」の若松央樹さんと古郡真也さん、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の清水拓哉さん、家冨未央さん、大越大士さん、プロデューサー奨励賞は映画「蜜蜂と遠雷」の石黒裕亮さん、連続ドラマ「凪のお暇」(TBS系)の中井芳彦さんが受賞した。

写真を見る全 26 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る