検索
フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」に出演する(左から)横尾渉さん、千賀健永さん、宮田俊哉さん、二階堂高嗣さん(C)フジテレビ
1 / 1

フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」に出演する(左から)横尾渉さん、千賀健永さん、宮田俊哉さん、二階堂高嗣さん(C)フジテレビ

Kis-My-Ft2:「舞祭組」4人の初主演舞台の裏側に迫る 二階堂高嗣は「先輩の愛を感じた」と絆を語る

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」(キスマイ)に約7カ月にわたって密着した、フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」が、2月21日深夜0時55分から放送される。

 「キスマイ」は北山宏光さん、千賀健永さん、宮田俊哉さん、横尾渉さん、藤ケ谷太輔さん、玉森裕太さん、二階堂高嗣さんからなる、今年デビュー10年目を迎える7人組グループ。同日の放送では横尾さん、宮田さん、二階堂さん、千賀さんが初主演する上演中の舞台「○○な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」の裏側に迫る。

 横尾さん、宮田さん、二階堂さん、千賀さんらはユニット「舞祭組」としても活動。「舞祭組」は、従来のアイドルのイメージとは真逆の方向性で知名度を上げてきた。そんな4人が挑む「○○な人の末路」は、横尾さんと千賀さん、宮田さんと二階堂さんのそれぞれのペアが、盲目の兄とそれを支える弟という設定を演じる。

 盲目の兄を演じる宮田さんは、番組で、その難しい役どころに苦戦する様子をのぞかせる。演技経験は4人の中で最も豊富ながら、目が見えないことのリアリティーをなかなか表現することができないと言い、「めっちゃむずい(難しい)。見ちゃいけないんだよね。音の鳴るところを見ると目が合って会話しているように見えてしまう」と悩ましい表情。舞台のセットもできあがり、けいこが佳境を迎えても、動きだけでなくその人物の心をどう演じるのか、葛藤を抱える。演出家とともに場面ごとの心情を確認しても不安がぬぐい切れない様子で、宮田さんから笑顔が消えることもあったという。

 同じく盲目の兄役の横尾さんは、淡々とけいこをする。勉強熱心で、バラエティー番組の企画では、全くの素人から俳句名人と呼ばれるまでの実力を身につけた横尾さん。「後輩もたくさんいますし、キスマイもアラサーになりましたし、隙間産業というか、考えてやっていかなきゃ仕事をもらえない。先輩方に作っていただいたレールに乗っているだけでなく、キスマイや横尾渉から引き継いでいけるものがあるようにしたい」とグループや自分が目指すあり方を語る。

 後輩との関わりを大切にしているという二階堂さんは、ジャニーズJr.のユニット「Travis Japan(トラビス・ジャパン)」の主演舞台を見に訪れる。「にいに(兄貴)が来ていると聞いて緊張した」と言うTravis Japanのメンバーに、愛のある“イジリ”を交え、舞台の感想を伝え、「キスマイも、舞祭組も先輩に可愛がっていただいて、愛を感じていた。後輩は可愛いですよ」と受け継がれる先輩後輩の強い絆を明かす。

 グループ最年少の千賀さんは「玉森と北山と藤ケ谷は大事な存在だし、たくさん背負ってる部分もあると思う。7人ではなく4人の時は僕たちだけでどこまでできるかがチャレンジだと思っている」と今回の舞台への意気込みを語る。

 番組は風間俊介さんがナレーションを担当し、山下達郎さんの「RIDE ON TIME(2018 NEW VOCAL VERSION)」がメインテーマ。関東ローカルで毎週金曜深夜0時55分から放送中。

写真を見る全 1 枚

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る