検索
ドラマ「東京ラブストーリー」に出演する清原翔さん(C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン
1 / 8

ドラマ「東京ラブストーリー」に出演する清原翔さん(C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン

東京ラブストーリー:清原翔、三上健一役で「恋愛を学ばせてもらった」 好みはリカ?「振り回されるけど…」

 女優の鈴木保奈美さんと俳優の織田裕二さんが共演し、1991年に放送されたフジテレビの大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」が、約29年ぶりに現代版(全11話)として再ドラマ化され、フジテレビの動画配信サービス「FOD(エフオーディー)」と「Amazon Prime Video」で4月29日から配信される。伊藤健太郎さん演じる永尾完治(カンチ)の高校の同級生・三上健一を演じる清原翔さんが、役どころについて語った。

 ドラマは、「家族の食卓」「あすなろ白書」などを手掛けた柴門ふみさんのマンガが原作。明るく情熱的な赤名リカ、リカに好意を寄せられる素直で優しいが優柔不断な永尾完治、完治の高校の同級生で女たらしの医学生・三上健一、完治の高校の同級生・関口さとみらが織りなすラブストーリー。今回のドラマでは清原さん、伊藤さんのほか、赤名リカ役で石橋静河さん、関口さとみ役で石井杏奈さんが出演する。

 清原さんは撮影を振り返って「人の恋愛を学ばせてもらいました。僕はまだまだ恋愛ができていないなと」とコメント。自身が演じた三上の、女たらしの医学生という役柄については「主役の完治に対しては共感を持つ部分もありましたが、僕が演じた三上は共感できない部分が多かったので少し抵抗がありました。おおっぴらに女性が好きな部分をさらけ出せるのは、リスペクトする部分もありますが、僕にはできないですね」と話している。

 また、リカとさとみ、どちらの女性に引かれるかという質問には「僕はリカです」と回答し、「リカは考えがはっきりしているので、最初分からなくても後々理解できちゃう。感情が100%で表面に出ている時は、振り回されるけどいいなと思います。さとみはちょっと暗い……?(笑い)」と説明。撮影については「すごく楽しめました。演技は心が忙しくて大変でしたが、映像として見たときにやってよかったなと本当に思いました」と語り、「ぜひ見ていただて、気持ちを豊かにしてもらえたらと思います」とアピールしている。

 同ドラマは4月29日午前0時に配信スタート。毎週水曜午前0時に最新話が配信される。

写真を見る全 8 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る