検索

堂本光一:主演舞台「SHOCK」にささげた20年に迫る 「AERA」で特集

 人気デュオ「KinKi Kids」の堂本光一さんが主演を務め、今年20周年となる舞台「Endless SHOCK」(SHOCK)の特集が掲載された、雑誌「AERA(アエラ)」(朝日新聞出版)6月1日号が5月25日に発売された。特集は4ページのカラーグラビアで、同作を初演から振り返りながら、堂本さんの「SHOCKに捧げた20年」に迫っている。

 同作は、2000年11月に故・ジャニー喜多川さんが作、構成、演出した「MILLENNIUM SHOCK」として帝国劇場で初演。2005年に現在の名称にタイトルを変えてからは、堂本さん自身も演出、脚本に参加した。今年2月~3月の東京公演では上演1800回を迎える予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、半分以上の公演を残して中止となった。

 今回の特集は、堂本さんが4月27日に、大衆演劇の舞台で優れた業績を示した芸術家に贈られる「第45回菊田一夫演劇賞」で大賞を受賞したことを記念して掲載された。「SHOCK」の20年を、写真と堂本さんの言葉で振り返るほか、写真家で映画監督の蜷川実花さんが帝国劇場のステンドグラスを前に撮影した、未公開カットも掲載されている。

Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る