検索
メーキャップブランド「NARS」のビジュアルに起用された横浜流星さん
1 / 4

メーキャップブランド「NARS」のビジュアルに起用された横浜流星さん

今週のイケメン:横浜流星が“初メーク” 千葉雄大と恋人気分に 岩田剛典×新田真剣佑が幼なじみに 前編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(6月16~22日)は、俳優の横浜流星さんがメーキャップブランドのビジュアルに登場したニュース、俳優の千葉雄大さんの動画が配信された話題、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんと俳優の新田真剣佑さんが映画で初共演するニュースなどが注目された。前後編で取り上げる。

 横浜さんが、ダンサーの菅原小春さんと、メーキャップブランド「NARS(ナーズ)」が初めて展開する日本限定コレクション「NARS ZEN COLLECTION」のキャストに起用されたことが6月22日、明らかになった。同日、オールバックヘアの横浜さんが同コレクションのアイテムでメークを施した姿や、菅原さんと密着した姿などを写し出したビジュアルも公開された。

 横浜さんは、今回の起用について「NARSの初日本限定コレクションに、参加させていただけたことを光栄に思います。初めてアイシャドーや色付きのリップを塗り、不思議な気持ちでしたが、また新たな自分を皆さんにお見せできることはとてもうれしく思います」と喜びを語っている。

 撮影ではパープル系のアイシャドーを使用したといい、横浜さんは「紫色は昔から好きな色でなぜか心が落ち着く、身に着けていたいと思う色です」とコメント。「今の時代は男性もメーキャップをされてる方が増えていると聞いたので、ぜひ男女問わずたくさんの方に使っていただきたいです」とアピールしている。「NARS」の公式YouTubeチャンネルでは、ビジュアル撮影の様子を収めたメーキング動画も公開された。

 千葉さん主演のスペシャルドラマ「ダブルブッキング」(日本テレビ、関東ローカル)のオリジナル動画が、ドラマの公式ツイッターで20~25日に配信された。動画は千葉さん演じる雄二、共演の佐津川愛美さん演じる彩、奈緒さん演じるマヤ、それぞれがオンラインデートを思わせるシチュエーションの中、恋人気分が味わえるセリフで語りかけるという内容。全6種類。

 「ダブルブッキング」はすべてのストーリーがパソコン画面内で展開するリモートドラマ。千葉さん扮(ふん)する雄二は、イケメンなのに女性の扱いには不慣れで、ダブルブッキングした、彩とマヤとのオンラインデートをSNSやネット検索を駆使しながら乗り切ろうとするが、どんどんドツボにハマっていく……という役どころ。雄二の恋人でおしゃべりが大好きな“意識高い系会社員”の彩を佐津川さん、ちょっと天然だが本性は小悪魔な女子大生のマヤを奈緒さんが演じる。

 28日午後1時15分から放送。放送終了後には、動画配信サービス「Hulu(フールー)」でスペシャルコンテンツとともに配信される。

 岩田さんが、2021年公開の新作映画「名も無き世界のエンドロール」(佐藤祐市監督)で主演を務めることが16日、分かった。岩田さんは大事な友のために裏社会に飛び込み、“闇の交渉屋”としてのし上がっていくキダを演じる。また、キダの幼なじみで会社経営者となり表舞台でのし上がっていくマコト役で新田さんも出演。岩田さんと新田さんは初共演となる。

 映画は行成薫さんの同名小説(集英社)が原作。親がいないという共通点を持つ幼なじみのキダとマコト。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら共に成長していった。しかし、20歳の時にある事件が起こる。その数年後、キダは裏の社会に潜り込み“交渉屋”として暗躍。マコトは表の社会で貿易会社社長としてのし上がっていく。2人は、大切な幼なじみへの思いを胸に、自らの運命を変えた不条理な世の中に復讐(ふくしゅう)するため、10年の歳月を費やして“ある計画”を企てていた……というストーリー。

 岩田さんは初共演の新田さんについて「マコトという役柄に象徴されるような天真らんまんさが印象的でした」とコメント。新田さんは、今回初めて劇中でマジックに挑戦したといい、「現場で必死に練習した記憶があります」と振り返っている。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る