検索
映画「思い、思われ、ふり、ふられ」に出演している浜辺美波さん
1 / 14

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」に出演している浜辺美波さん

彼女がキレイな理由:浜辺美波さん 初キスシーンは北村匠海に「すべてお任せ」 私生活ではしょうゆ麹を手作り、ピラティスも

 女優の浜辺美波さんが、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(三木孝浩監督、8月14日公開)に出演する。今作で2017年に公開された映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(キミスイ)で共演した北村匠海さんと再共演。初のキスシーンにも挑戦している。浜辺さんに、新型コロナウイルス感染拡大の影響によるステイホーム期間の過ごし方や考え方の変化、食べ物へのこだわり、北村さんとの初のキスシーンなどについて聞いた。

 ◇考え方を変えて「生活リズムが整った」 ピラティス、ダンス、栄養や漢方の勉強も

 浜辺さんはステイホーム期間に「生活リズムが整った」という。「初めの頃は、何もしない一日があると、すごくモヤモヤしてイライラしてしまったんです。体が休まらなくて、いったい何をやっているんだろうと思っていたんですけど、ちゃんと休もう、仕事が再開したときに、ちゃんとできるように生活のリズムを整えようと考え方が変わってからは、すごく充実した日々を送ることができました。この時間を無駄にしないようにという気持ちに変わっていきましたね」と振り返る。

 気持ちが切り替わってからは、「毎日、午後10~12時の間には絶対に寝ていましたし、朝早く起きて、運動して、朝ご飯を食べて、いままで時間があったときにやろうと思っていたことを一つ一つ消化していくようにしました。お仕事が再開したときに向けての準備をしていた感じですね」と充実した日々を過ごした。

 朝起きてする運動は「ピラティスと軽いダンス、有酸素運動のようなもの、腹筋など」で、「1時間弱、汗をかくくらい運動して、一日の代謝を上げようと。汗をかくので、むくみも取れるし、シャワーを浴びてから、さっぱりして朝ごはんを食べる」という。また今までやりたかった「栄養の勉強をしたり、漢方の勉強をしたり。見たかったアニメや映画を見たり」したと明かした。

 栄養や漢方の勉強をするだけあって、食べ物に関してこだわりがある。「毎日、発酵食品をとるようにしています。(発酵食品は)できれば一日に2種類くらいとりたい。ヨーグルトは朝、絶対に食べるんですけど、それプラス、納豆だったり。麹(こうじ)を何かにつけたり、麹を使ったドレッシングを使ったり……。あと今、しょうゆ麹を作っていて。発酵食品はこれからもたくさんとっていかないとな、と思っています」と話した。

 ◇北村匠海を相手に初キスシーン「本当に縁がある」 3年ぶり共演で距離も近く

 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」は、マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された咲坂伊緒さんのマンガが原作。山本朱里(浜辺さん)、山本理央(北村さん)、市原由奈(福本莉子さん)、乾和臣(赤楚衛二さん)という4人の高校生男女の恋模様が描かれる。

 浜辺さんは、北村さんと「キミスイ」以来、実写では3年ぶりに共演した。

 3年前は「ずっと敬語で話してたんです」という浜辺さん。だが、今作では「(製作が)始まるときに、監督から『主要なキャラクターの4人は同級生だし、特に朱里(浜辺さん)と理央(北村さん)は(異父)きょうだいの役だから、“ため口”でやってください』と言われたので、そこで、分け隔てなくため口で話すようになったんです。そこからすごく距離が縮まって、待ち時間もみんなでちょくちょく話すようになりましたし、匠海くんとの距離も一気に縮まったような感じがしました」と笑顔で振り返る。

 和気あいあいとした雰囲気の中で、浜辺さんは「匠海くんが、そのころすごく忙しそうだったので、たまに小さなお菓子を買っていって、現場で『これ好き?』ってあげたりとかしていました(笑い)」と楽しそうに語る。

 そして今作で浜辺さんは、北村さんを相手に初めてキスシーンに挑戦した。雨の中、2人で傘をさしながら北村さんから浜辺さんにキスをするシーンで、「初めてのキスシーンだったので、本当に(キスをするのが)自分からじゃなくてよかったなって(笑い)。それも相手が匠海くんということで、私にとって、このお仕事をしていてとても印象的な作品(『キミスイ』)の相手役の方が、3年の時を超えて、別の役として大事な初のキスシーンでご一緒するということで、本当に縁があるなあって思いました。撮影のときは、すべてお任せしていました」と身を委ねたという。

 次回は、「思い、思われ、ふり、ふられ」の撮影秘話や女優の仕事について聞く。

 <プロフィル>

 はまべ・みなみ 2000年8月29日生まれ、石川県出身。2011年、第7回「東宝シンデレラオーディション」でニュージェネレーション賞を受賞し、同年に女優デビュー。主な映画出演作に「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(2017年)、「センセイ君主」(2018年)、「映画 賭ケグルイ」「アルキメデスの大戦」「屍人荘の殺人」(すべて2019年)など。公開待機作に「約束のネバーランド」(2020年公開)がある。

写真を見る全 14 枚
Twitterでシェア

彼女がキレイな理由 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る