検索
「歯が命アワード2020」の授賞式に出席した相田翔子さん
1 / 3

「歯が命アワード2020」の授賞式に出席した相田翔子さん

相田翔子:娘のオーラルケア語る 欠かさないのは褒めること「きれいに磨けているね」

 歌手で女優の相田翔子さんが、健康で美しい歯を持ち、生き方が輝いている人に与えられる「歯が命アワード2020」を受賞し、8月1日に行われた授賞式に出席した。相田さんは「小学3年生になる娘のオーラルケアにも気を付けていて、歯磨きをずっと好きでいてもらうために『きれいに磨けているね』と褒めることも欠かしません。娘にも歯を大切にし続けてほしいですからね」と母の顔で語った。

 また、「歯がきれいだと気持ちまで明るくなり、笑顔に自信が持てるようになります。毎日の歯みがきで健康的な歯を維持して、80歳になっても自分の歯でステーキを思い切り食べるのが目標です」と話していた。

 歯が命アワードは、歯みがき剤「アパガード」の発売元サンギが、日本記念日協会が認定した「歯が命の日」(8月1日)を記念して2015年から毎年開催している。歯科衛生士100人のアンケートと委員会の選考で決定。昨年は、卓球の水谷隼選手が受賞した。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る