検索
主演映画「スパイの妻」の会見に登場した蒼井優さん
1 / 8

主演映画「スパイの妻」の会見に登場した蒼井優さん

蒼井優:神戸の行きつけは「ジャズとお酒」がある店 高橋一生はロケで「毎晩おいしいものを…」

 女優の蒼井優さんが9月9日、東京都内で開催された、主演映画「スパイの妻」(10月16日公開)の会見に俳優の高橋一生さん、黒沢清監督とともに出席した。同作はイタリア・ベネチアで2日に開幕した「第77回ヴェネチア国際映画祭」のコンペティション部門に選出されているが、3人は新型コロナウィルスの影響でベネチアに行くことはかなわなかった。この日は同映画祭の会場であるベネチアと東京の会見場をリモートでつなぎ、ワールドプレミアに先立って同作について語った。

 「スパイの妻」は、戦争の足音が近づく1940年を舞台にしたミステリーエンターテインメント。神戸で貿易会社を営む優作(高橋さん)は、赴いた満州で恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、事の顛末(てんまつ)を世に知らしめようとする。妻・聡子(蒼井さん)の知らぬところで、優作は別の顔を持ち始めるが、優作への愛が聡子を突き動かしていく……というストーリー。

 聡子を演じた蒼井さんは「私はとっても怠け者だけど、聡子の生命力に置いて行かれないように演じたつもりです」と撮影を回想。必死になるあまり、ロケ地となった神戸での撮影中は「ずっと緊張していた。どこにも行っていないんです。誰かが差し入れてくれる神戸の銘菓を現場で食べて、やっと神戸を実感していた」と振り返り、「プライベートでは、(神戸で)ジャズを聞きながらお酒を飲めるところに何度かうかがっています。とても好きです」と明かした。

 高橋さんは「蒼井さんと打って変わって、毎晩のように、おいしいものをここぞとばかりに食べていた。非常においしい街でした」とにっこり。撮影では「お芝居で会話していくということを心がけた」と言い、「黒澤さんも蒼井さんも、すごく刺激を受けた方たち。(撮影が)終わってほしくないくらい素晴らしい時間を過ごさせていただいた」と振り返った。

写真を見る全 8 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る