検索
主演映画「スパイの妻」の会見に登場した蒼井優さん
1 / 13

主演映画「スパイの妻」の会見に登場した蒼井優さん

蒼井優:新型コロナでベネチア映画祭出席できず「平和が一番大切」 現地上映には喜びも

 女優の蒼井優さんが9月9日、東京都内で開催された、主演映画「スパイの妻」(10月16日公開)の会見に俳優の高橋一生さん、黒沢清監督とともに出席した。同作はイタリア・ベネチアで2日に開幕した「第77回ヴェネチア国際映画祭」のコンペティション部門に選出されているが、3人は新型コロナウィルスの影響でベネチアに行くことはかなわなかった。この日は同映画祭の会場であるベネチアと東京の会見場をリモートでつなぎ、ワールドプレミアに先立って同作について語った。

 蒼井さんは「行けなかったのが残念」と肩を落としつつ、「自分たちが手塩にかけて作った映画が、ヴェネチア国際映画祭のお客さんの目に触れるという緊張感を含めて映画祭。そこに行けないのを実感すると同時に、この状態でも映画は海を渡って行けるんだという、その喜びを噛みしめて今日を過ごしたい」と話した。

 さらに「こういうお祭りや、皆で喜び合うことは第一に平和、安心安全が大切。元には戻らないことがたくさん起き、今日も世界のどこかで起き続けている。そういった中で、映画祭の火が消えないようにつながっている。(いつもは)さんさんとした太陽の中で喜び合えるけど、今回は囲炉裏を囲んでいるくらいの温かな火かもしれない。それを今年限りと願って、祈って過ごしたいです」と語った。

 「スパイの妻」は、戦争の足音が近づく1940年を舞台にしたミステリーエンターテインメント。神戸で貿易会社を営む優作(高橋さん)は、赴いた満州で恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、事の顛末(てんまつ)を世に知らしめようとする。妻・聡子(蒼井さん)の知らぬところで、優作は別の顔を持ち始めるが、優作への愛が聡子を突き動かしていく……というストーリー。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る