検索
2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主人公・渋沢栄一を演じる吉沢亮さん(C)NHK
1 / 9

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主人公・渋沢栄一を演じる吉沢亮さん(C)NHK

今週のイケメン:吉沢亮、主演大河に手応え 竹内涼真の寝起き姿公開 田中圭が初の教師役 前編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(9月8~14日)は、俳優の吉沢亮さんが主演するドラマの撮影の様子が公開された話題、俳優の竹内涼真さんが主演するドラマの特報映像が公開された話題、俳優の田中圭さんがドラマで主演を務めるニュースなどが注目された。前後編で取り上げる。

 吉沢さんが主演する2021年放送の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の撮影が、9月5日に埼玉県内で行われた。同作は7月にクランクインしており、吉沢さんは「現場の雰囲気もすごく良く、空気感もつかめてきたような手応えがあるので、いい方向に進んでるなという気がしています。雨で撮影が中断してしまったシーンもありましたが、とても楽しくやっています」と明かした。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

 この日は埼玉県比企郡嵐山町・鎌形八幡神社で、渋沢栄一(吉沢さん)、渋沢喜作(高良健吾さん)、尾高千代(橋本愛さん)の、幼なじみ3人組の運命が、大きく動き始める……というシーンを撮影。埼玉は物語序盤の舞台地で、渋沢の故郷でもある。

 吉沢さんは「すごくのどかで、空気もきれいですてきな場所です。このような周りの空気のきれいさとか清さを感じながらお芝居することができているので、のびのびと楽しく演じています。(渋沢栄一が)こういった場所で生まれ育ったことを考えると、穏やかな広い心を持った方だったのではないかと感じます」と語った。

 竹内さんが本人役で主演する異色のドラマ「竹内涼真の撮休」(WOWOW)の特報映像が10日、公開された。特報映像は15秒。ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日「撮休」の理由を明らかにするオープニングの一幕で、竹内さんのコミカルな姿が描かれている。

 ドラマは、多忙な毎日を送る俳優が「撮休」をどのように過ごすのかを、気鋭のクリエーターたちが妄想を膨らませて描く一話完結のオムニバスドラマ。

 特報映像は、撮影の合間に仮眠室で眠る竹内さんにマネジャーが撮休を伝えると、竹内さんは寝ぼけまなこでOKのサインをするも、事態が把握できず慌てふためくという内容。

 オープニングは全話を通して内田英治監督が担当する。各話のオープニングは、バージョンアップしてバリエーション豊かになるという。

 ドラマは「WOWOWオリジナルドラマ 竹内涼真の撮休」と題し、全8話。11月6日からWOWOWプライムで毎週金曜深夜0時放送。第1話は無料放送される。

 田中さんが、10月31日にスタートする連続ドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系、土曜午後11時)で主演を務めることが8日、明らかになった。田中さんは初の教師役で、生徒から命を狙われる教師を演じる。

 ドラマは、東大進学率も高い、都内の進学校・帝千学園が舞台。成績優秀者がそろう3年D組には、実は大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒が集っていた。田中さん演じる新たな担任・義澤経男(よしざわ・つねお)は、生徒たちから何をされても“笑顔”で指導を続ける。やがて生徒たちの行動はエスカレートしていき、義澤を殺す計画が立てられる……というストーリー。

 田中さんは「生徒による教師いじめもあると聞きますが、今回はそれを通り越して命を狙われる役なので、正直、頭がパニクッています」と役への印象をコメント。「土曜の夜の30分間が、ハラハラドキドキをお届けできる特別な時間になるよう、僕自身、頑張ります。普通じゃ見られない、ヘンなドラマが始まると思って、期待して待っていてください!」とアピールしている。

写真を見る全 9 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る