検索
映画「きみの瞳(め)が問いかけている」のイベントに登場した横浜流星さん
1 / 8

今週のイケメン:横浜流星、24歳の誕生日をファンが祝福 玉木宏がエプロン姿でコロッケ作り 前編

Twitterでシェア

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(9月15~21日)は、俳優の横浜流星さんが主演映画のイベントに登場した話題、俳優の玉木宏さんが主演する連続ドラマのPRスポットが公開された話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 横浜さんは9月15日、東京都内で行われた、女優の吉高由里子さんとのダブル主演映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(10月23日公開、三木孝浩監督)のリモート完成報告イベントに、吉高さんと登場。横浜さんは吉高さんの印象を「いい意味でテレビのまんま。明るくて元気で、場の空気を和ませてくれる方」と表現して笑いを誘った。

 横浜さんは吉高さんとの初対面を「緊張して、心の壁を閉じていたけど、出会って1時間もたたないぐらいで見事に開けられた」と振り返って苦笑い。「すごいです。現場でも、吉高さんが引っ張ってくれたので助けられました」と感謝した。この日は三木監督も登場。翌日が、横浜さんの24歳の誕生日であったことから、吉高さん、三木監督がリモート中継のファン45人とともに、横浜さんを祝福する一幕もあった。

 同作は、チャールズ・チャップリンの「街の灯」にインスパイアされて製作された韓国映画「ただ君だけ」をリメークした純愛ストーリー。目は不自由だが明るく愛くるしい柏木明香里(吉高さん)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた篠崎塁(横浜さん)が引かれ合い、ささやかながらもかけがえのない幸せを手にしたかに見えたが、残酷な運命の因果に気づいてしまい……という物語。

 玉木さんが主演を務める10月11日スタートの連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の本編映像が入ったPRスポットが17日、公開された。主人公・龍役の玉木さんと、龍の舎弟・雅役の志尊淳さんが、三角頭巾とエプロンを着けて、コロッケ作りをするシーンなどが収められている。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。「不死身の龍」と言われたものの、極道から足を洗い、美久(川口春奈さん)と結婚して専業主夫となった龍が、家族や町の平和を守る“ヒューマンコメディー”。

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る