検索
映画「朝が来る」の完成報告会見に出席した永作博美さん
1 / 14

映画「朝が来る」の完成報告会見に出席した永作博美さん

永作博美:家族とは「苦難を一緒に越えていく仲間」

 女優の永作博美さんが10月6日、東京都内で行われた主演映画「朝が来る」(河瀬直美監督、23日公開)の完成報告会見に、共演者らと出席した。家族の絆と葛藤を描いた作品で、映画の内容にちなみ、「家族とは?」と問われると「苦難を一緒に越えていく仲間。先に進むための仲間」と回答。夫を演じた井浦新さんは「生きる」と答えた。

 映画は、辻村深月さんの同名小説が原作。子供を持たなかった夫婦が「特別養子縁組」で男児を迎え入れたが、ある日謎の女から「子供を返してください」と1本の電話がかかってくる……というストーリー。

 河瀬監督は、クランクイン前に、キャストが撮影場所で実際に数日間生活するなどの準備期間を設ける演出方法「役積み」を採っている。

 今回、初めて“河瀬組”に参加した永作さんは、井浦さんと温泉に行くシーンを撮影した際を振り返り、「泊まらないことになっていましたが、現場に着いたら女将(おかみ)さんがお風呂に入ってください、ご飯食べてくださいとやってくる。本当に泊まらせるんじゃないかって……。ここまでやるのか」と驚いた様子。「疑心暗鬼になるくらい、どのシーンもしっかり役積みがありましたね」と話した。

 会見には蒔田彩珠さん、浅田美代子さん、子役の佐藤令旺(れお)君、河瀬監督も登壇した。

写真を見る全 14 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る