検索
10月16日放送のスペシャル番組「さんまのまんま秋SP」に出演する小栗旬さん=カンテレ提供
1 / 3

小栗旬:明石家さんまとの約束を破り…「いつも失礼なことをしているかも」?

Twitterでシェア

 俳優の小栗旬さんが、10月16日に放送される、明石家さんまさんが司会を務めるスペシャル番組「さんまのまんま秋SP」(関西テレビ)に出演する。番組中には、小栗さんがかつて、さんまさんや共演した舞台俳優たちとの約束を破っていたことが発覚する。

 舞台で共演して以来、18年の付き合いになるという2人。小栗さんは「自分が映画を撮るときには出てほしい」と言っていたにもかかわらず、監督を務めた映画には誰も呼ばなかったという。「みんな怒ってた」と言うさんまさんに対し、小栗さんは「ほんと薄情ですね」と自らを笑い飛ばす。

 また、さんまさんは舞台監督を務める小栗さんの父・小栗哲家(てつや)さんからオペラの依頼をされたエピソードを語り、当時、戸惑ったと振り返る。一方で小栗さんは、このオファーを事前に父から知らされていたことを明かす。出演をプッシュする小栗さんに、「お前が出るなら俺も出る」と、さんまさんがその気になる場面もある。ほかにキスシーン談義も繰り広げる。

 収録を終えた小栗さんは、自ら監督を務めた映画について「俺が薄情だということが分かった話ですね。さんまさん、根に持たれてましたね」と笑い、「ほかにも、結婚のときは(笑福亭)鶴瓶さんと木梨(憲武)さんが見届け人になってくれたんですけど、それも『最初に仲良くなった芸人はワシやろ!』って、さんまさんに言われてる感じがあったりして……。さんまさんには、いつもそういうことで失礼なことをしているかもしれない」と苦笑しながら振り返った。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る