検索
2021年10月期に放送される連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」に出演する(左から)香川照之さん、松山ケンイチさん、小栗旬さん、杏さん、仲村トオルさん
1 / 1

2021年10月期に放送される連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」に出演する(左から)香川照之さん、松山ケンイチさん、小栗旬さん、杏さん、仲村トオルさん

小栗旬:「“希望”と“人間の強さ”を…」 初共演の杏も「全力でぶつかりたい」

 俳優の小栗旬さんが、2021年10月期にTBS系の「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」に主演する。2023年の東京を舞台に、日本沈没という未曽有の危機に立ち向かう環境省の官僚を演じる小栗さんは「ただでさえ苦しい環境の中、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含め、キャスト・スタッフ全力で希望を持って真摯(しんし)に作品に向かっていきます」と意気込んでいる。

 同枠で主演を務めるのは、2010年に放送された「獣医ドリトル」以来、約11年ぶり。目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚・天海啓示(あまみ・けいし)を演じる小栗さんは「今を生きる皆さんへの賛歌になれるような作品にしていきたい」と熱い思いを見せている。

 原作は、1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」。翌年、同局で実写化したテレビドラマが放送され、2本の映画、アニメ、マンガ化もされた。今回のドラマは、原作を大きくアレンジ。天海と同じく各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した「日本未来推進会議」に経産省代表として参加している常盤紘一役で松山ケンイチさん、週刊誌の記者・椎名実梨役で杏さん、国民からの支持率が高い総理大臣・東山栄一役で仲村トオルさん、原作でも重要な鍵を握る屈指の人気キャラクター・田所雄介を香川照之さんが演じる。

 小栗さんと初共演の杏さんは、環境省の腐敗を暴こうと取材を続ける中で天海と出会い、次第にお互いを認め合っていく役どころ。「どうしようもない自然の脅威にどう立ち向かうかというキャラクターたちの姿は、今の混乱の世の中で戦っている皆様と近い気持ちで共鳴し合えるのかなと思っています。そして、演じる私たちもそのような不安や脅威を抱えつつ乗り切ることになります。これを映像として残せることは意味があるような気がしています。万全の体制で挑みつつ、全力でぶつかっていきたいと思います」と意気込んでいる。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る