検索
ファッション誌「ELLE」の映画賞「エル シネマアワード2020」に選出された横浜流星さん
1 / 1

ファッション誌「ELLE」の映画賞「エル シネマアワード2020」に選出された横浜流星さん

横浜流星:今年は「人の優しさに救われた」 “目覚ましい活躍をした男性”に選出 

 俳優の横浜流星さんが、ファッション誌「ELLE(エル)」(ハースト婦人画報社)が主催する映画賞「エル シネマアワード2020」に選出され、12月7日にオンラインで開催された授賞式にVTRで登場した。「今年目覚ましい活躍をした男性」に贈る「エル メン賞」を受賞した横浜さんは「すてきな賞をいただけて光栄です」と喜び、「いろいろなことがあった1年でしたが、人の優しさに救われた年でもありました」と今年を振り返った。

 今年は女優の吉高由里子さんとダブル主演を務めた映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督)で、天才キックボクサー役という難役を演じた横浜さん。「自分の中でとても手応えを感じた作品だった」と明かし、「少しでも皆さんの心の中に届いているのかと思うとうれしいですし、僕自身も人として学ぶことが多かったので、これからもずっと心に残るような大切な作品となりました」と語った。

 同アワードでは、横浜さんのほか、「日本の映画界で輝く女優」に贈る「エル ベストアクトレス賞」を女優の蒼井優さん、「新世代をけん引する映画人」に贈る「エル・ガール ニューディレクター賞」を池田エライザさん、「日本の映画界で輝く監督」に贈る「エル ベストディレクター賞」を黒沢清監督が受賞。文化人や映画ジャーナリストら約60人の審査員が独自の視点で選出した、“今年ナンバーワンの映画”を表彰する「エルシネマ大賞」には、「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」(グレタ・ガーウィグ監督)が選出された。

 「エル シネマアワード」は、2015年にスタートした賞。授賞式には、池田さんがゲスト出演し、エル編集局長の坂井佳奈子さんらとトークを繰り広げた。この日の様子は、同誌の公式YouTubeチャンネルとTwitterで生配信された。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る