検索
篠原涼子さん
1 / 2

篠原涼子さん

篠原涼子:タワマン専業主婦役で“禁断の不倫愛”「演じたことのない役柄に挑戦」 「地上波では難しい」という大人のラブロマンスで主演 2021年配信

 女優の篠原涼子さんが、“禁断の不倫愛”を題材にした2021年に配信されるNetflixのオリジナルシリーズ「金魚妻」で主演する。不倫に走る専業主婦の平賀さくらを演じる篠原さんは「お話をいただいて、私自身演じたことのない役柄でもございましたので、挑戦させていただくという思いで出演させていただくことになりました」と話している。

 また「おうち時間のお供にNetflixを見ているので、自分が出演できるのは本当にうれしいです。新しい生活様式の中で、改めて普遍的な思いを作品を通して伝えていけたら思います」と意気込んでいる。

 同作は、マンガ誌「グランドジャンプめちゃ」(集英社)で連載されている黒澤Rさんのマンガが原作。

 下町に隣接する高層タワーマンションの最上階に住むさくらは、ある事故をきっかけに夢をあきらめ、美容室を経営する夫と結婚。専業主婦として、誰もがうらやむ華やかな生活を送っていた。だが一人になった時、心はいつも悲しみに包まれていた。一度は愛し、結婚した夫から受ける言葉と体への暴力。それでも夫と暮らす家を出ることができないさくらは、金魚鉢の中で泳ぐ“金魚”に自分を重ねていた。ある日、さくらは“金魚”をきっかけにある男性と出会い、ありのままの自分を受け入れてもらえたことで、今まで押し殺してきた気持ちを抑えることができず、一線を越えてしまう……というストーリー。

 同作を手がけるフジテレビの中野利幸プロデューサーは、「原作の女性の繊細な心情に寄り添いつつ、エロチックな描写に魅了されましたが、地上波での映像化は難しいと思っていました。今回、Netflixと組むことで性描写などにも躊躇(ちゅうちょ)なく挑戦できそうなので、素晴らしい化学反応が起きると信じています。(2013年に放送された連続ドラマ)『ラスト・シンデレラ』などでご一緒した篠原涼子さんとも、また仕事ができて光栄です。とてもエッチなラブロマンスをご期待ください」とコメントしている。

写真を見る全 2 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る