検索
連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」で主演を務める中村倫也さん(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会
1 / 4

連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」で主演を務める中村倫也さん(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会

中村倫也:ファン待望論に「お待たせしました」 原作そっくり「珈琲いかがでしょう」主演でドラマ化

 俳優の中村倫也さんが、2021年放送の連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)の主演を務めることが分かった。コナリミサトさんの同名マンガ(マッグガーデン)の実写化。優しくもほろ苦い“人情珈琲群像劇”で、同局のドラマ初主演の中村さんは、さりげない言葉で人々を癒やす“移動コーヒー店”「たこ珈琲」の店主、青山一(はじめ)を演じる。

 原作ファンからは、青山のビジュアル、仕草、たたずまいが中村さんにしか見えないという声が多く、「中村倫也で実写化を」と“待望論”が巻き起こっていたといい、中村さんは「そういった声も僕の元にも届いていて、『お待たせしました』といったところでしょうか」とコメント。「これで僕以外の役者が演じていたら何よりもまず僕が文句を言っていたと思うので、良かったなと思います(笑い)」と話している。

 TBS系ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」で、ゆるふわキャラで注目を集めた“メンヘラ製造機”ゴンさんを見事に演じた中村さん。今回、再びコナリ作品のキャラクターを体現することになり、「影と包容力のある、コーヒー屋のぽわぽわした兄ちゃんとしてまずは存在できればと思います」と意気込みを語っている。

 また、監督・脚本を手掛けるのは映画「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子さん。監督には映画「聖の青春」「パラレルワールド・ラブストーリー」の森義隆さん、映画「ケンとカズ」の小路紘史さんも名を連ねる。

 中村さんは「知らぬ間にコーヒーカップに付いてしまった汚れをキレイに落としていくような、そんな作品になると思います。癒やしとハラハラを内包するこのドラマをぜひ楽しんでいただければと思います」と視聴者にメッセージを送っている。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る