検索
2022年度前期のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロインを演じる黒島結菜さん=NHK提供
1 / 8

2022年度前期のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロインを演じる黒島結菜さん=NHK提供

黒島結菜:故郷・沖縄舞台の朝ドラ「ちむどんどん」で初ヒロインに 「まさか自分が」 

 女優の黒島結菜さんが、2022年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」でヒロインを演じることがこのほど決定した。沖縄の4兄妹を描いたオリジナル作品で、「ちむどんどん」は胸が高鳴ることを意味する沖縄の言葉。黒島さんは「朝ドラは3度目になりますが、まさか自分がヒロインを演じることになるとは思ってもいなかったので、信じられない気持ちです。でも、いつか自分も、という気持ちが心のどこかにあったのも本当です」と思いを吐露。「今からちむどんどんしています」と笑顔を見せた。

 「ちむどんどん」は106作目となる朝ドラ。2022年に沖縄が本土復帰50年を迎えることから、沖縄の4兄妹の本土復帰からの歩みを描く。映画「フラガール」、NHK連続テレビ小説「マッサン」などの羽原大介さんによるオリジナル脚本。

 黒島さん演じる比嘉暢子(ひが・のぶこ)は、沖縄本島北部、「やんばる地方」のひなびた村の農家に生まれ育った4人兄妹の次女で、兄、姉、妹がいる。幼い頃からのんきでマイペースだが、潔く真っすぐで喜怒哀楽のはっきりした性格。運動が大の得意で、食べること、おいしいものをこよなく愛している。小学生の頃に父を亡くし、働く母を支えるために一家の「料理担当」になる。一度だけ食べた西洋料理のきらびやかな魅力にとりつかれ、やがて料理人を目指して東京へ。料理人として成長する中で、「東京で沖縄料理の店を開きたい」と感じ始める。

 黒島さんは演じる暢子について「私自身、おいしいものを食べることも大好きですし、沖縄料理も本当に大好きなので、料理を通してヒロインの暢子がどう成長していくのかこれから楽しみです」と自身と重ねながら話し、「私も同じ沖縄出身ということで、強さと優しさをもって演じきれたらいいなと思っています」と意気込んでいる。

写真を見る全 8枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事