検索
テレビ朝日提供
1 / 3

中澤佑二:元サッカー日本代表、現役時代は揚げ物一切食べず 引退後は2人の娘の影響でラクロスコーチに 「徹子の部屋」に出演

Twitterでシェア

 元サッカー日本代表の中澤佑二さんが、4月20日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。2年前にプロサッカー選手を引退した中澤さんは、現役時代の食事に関するエピソードや、引退後の生活などを語る。

 「ボンバー」の愛称でおなじみの中澤さんは、ワールドカップに2度出場し、日本の守備の要として活躍。けがの少ない選手として「鉄人」の異名もとったが、それを支えたのは食事だという。番組では照れながらも、毎日食事を準備している妻への感謝の思いを語る。また現役時代は揚げ物を一切口にしなかったといい、引退後にから揚げを口にした時のエピソードも語る。

 引退後に始めたというラクロスコーチに関する話題も。引退後、2人の娘の影響で女子学生のラクロスのコーチをすることになったという中澤さん。一番難しいことは、選手のモチベーションを保つことだと言い、日々ジェネレーションギャップを感じていると語る。一方で、選手の成長した姿を見ることは何にも代えがたい喜びなのだと明かす。このほか、プロサッカー選手になるまでの苦労話や父親との秘話も披露する。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る