検索
「Ladies for Cinema Project」のオンライン発表会に参加した剛力彩芽さん
1 / 13

「Ladies for Cinema Project」のオンライン発表会に参加した剛力彩芽さん

剛力彩芽:「悔しいし、苦しい」 コロナ禍で劇場休館、苦境への葛藤明かす

 女優の剛力彩芽さんが5月11日、映画業界に関わる女性の活躍を応援する「Ladies for Cinema Project(レディース フォー シネマ プロジェクト)」のオンライン発表会に登場した。出演映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」(香月秀之監督)も21日に公開予定の剛力さんは、コロナ禍で劇場が休館していることについて「正直、役者としては悔しいですし苦しいです。ただやっぱり、皆さんの健康とかいろんなことを考えたら、我慢しなきゃいけないのかなって思う部分ではあるんですけど」と葛藤する複雑な胸中を明かした。

 「でも、人と会えないとか外に出られないからこそ、心がどうしても内側に入ってしまうことが私自身もあったので、だからこそ映画で届けたいって思いはすごく強いです」といい、「エンターテインメントって人の心を癒やすものだと思うので、そこを失ってしまうのはすごくさみしいからこそ、私は発信し続けたいなと思います」と力強く語っていた。

 米国アカデミー賞公認の、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の企画として、2019年から行われている同プロジェクト。映画を通じて女性の監督やプロデューサーなど女性映画人の思いを発信しており、今年は映画祭のメイン期間(6月11~21日)に先駆けて、11日から世界で活躍する5人の女性フィルムメーカーの作品配信がスタートした。

 昨年の同映画祭の「クリエイターズ支援プロジェクト」で、3本のショートフィルムで主演を務めた剛力さんは「今までは、お話をいただいて出演させていただく形が多かったんですけど、(昨年の同映画祭では)打ち合わせ段階から参加し、スタッフさんと一緒に作品を作り上げることにわくわくしました。自ら立ち上がって発信していき、勇気をもって一緒に立ち上がってくれる人が増える世界になったらいいなと思っています」と話していた。

 この日のイベントには、同映画祭のアンバサダーを務めるLiLiCoさんも出席。2人は、Ladies for Cinema Projectで配信されるショートフィルムの中のおすすめ作品を紹介して、トークを繰り広げた。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る