検索
7月スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」で主演を務める中川大志さん
1 / 1

7月スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」で主演を務める中川大志さん

中川大志:ラブコメ主演で「愛おしい男の子」目指す “間が悪い”殺し屋役に 連ドラが7月スタート

 俳優の中川大志さんが、7月スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)で主演を務める。殺し屋とミステリアス美女のラブコメディーで、中川さんは、肝心な時に必ず失敗する“間が悪い”殺し屋を演じる。中川さんは「殺したいのに肝心なところでヘマしてしまう間の悪さ、しまいにはターゲットに心ひかれてしまうピュアさを大切に、視聴者の皆さんが、『こいつまたやっちゃったよ』とテレビの前で笑ってあきれてくれるような、愛(いと)おしい男の子にしたいなと思っています」と意気込んでいる。

 ドラマは、連続ドラマ「グッド・ドクター」、映画「翔んで埼玉」などの脚本家の徳永友一さんが手がけるオリジナル作品。中川さんは今回、初めてゴールデンプライム帯(午後7~11時)の連続ドラマの主演を務める。

 中川さんが演じる男虎柊(おのとら・しゅう)は、“伝説の殺し屋”である育ての親を殺され、仇(かたき)を討つために殺し屋になった殺し屋初心者。暗殺のターゲットの女・鳴宮美月(なるみや・みつき)に近づくが、間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない。それどころか、危険が迫るターゲットを守ってしまう。殺し屋とターゲットという恋に落ちてはいけない2人がまさかの恋に……というストーリー。

 中川さんは「“殺意”と“恋”を共存させるという難しいチャレンジを成立させるためには、柊というキャラクターをどう育てていけばよいか、うれしい悲鳴をあげながら、台本と向き合っています」とコメント。「『いつかゴールデンタイムで主演をやりたい』という思いは、この仕事に出会った小学生の頃から、一つの目標として持ち続けてきました」と明かしつつ、「正直ビビりまくっていることは、うまいこと隠していきたいです」とちゃめっ気たっぷりに話している。

 また、同ドラマの中間利彦プロデューサーは、同作について「最高に間が悪い殺し屋と暗殺ターゲットのミステリアス美女という両極端の2人が、殺したいほどの憎しみという枷(かせ)をどうやって乗り越えていくのか? 殺意が恋にどう変わっていくのか?をコメディー&ラブを織り交ぜて描きます。あっと驚く謎まで仕込んでます」と説明する。

 中川さんについては「硬軟併せ持つ演技ができる希有(けう)な若手俳優の一人」と評し、「考えうる中で最高のキャスティング。ご本人とも相談しながら、主人公の柊を“なぜか応援したくなる最高の愛されキャラクター”にすべく」製作中だと話している。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る