検索
7月スタートの連続ドラマ「推しの王子様」に出演するディーン・フジオカさん=フジテレビ提供
1 / 1

7月スタートの連続ドラマ「推しの王子様」に出演するディーン・フジオカさん=フジテレビ提供

ディーン・フジオカ:「マイ・フェア・レディ」のピカリング大佐に? 「ちょうど良い感じで輝きたい」

 俳優のディーン・フジオカさんが、比嘉愛未さんが主演を務める7月スタートの連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)に出演する。比嘉さん演じる日高泉美に片思いする光井倫久(みつい・ともひさ)役で、役名は「マイ・フェア・レディ」の登場人物、ピカリング大佐から着想を得て付けられた。ディーン・フジオカさんは「光井倫久こと、ピカリングの名前に負けないくらいのちょうど良い感じで輝きたいです」と話している。

 ドラマは、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長・日高泉美(比嘉さん)が、理想の“推し”(=好きなゲームキャラクター)そっくりの容姿ながら、無作法で無教養で無気力な五十嵐航(渡邊圭祐さん)と偶然出会い、理想の男性に育てるため奮闘するロマンチックコメディー。今年1月期に放送された連続ドラマ「知ってるワイフ」(同)のスタッフが再集結して制作する。

 光井倫久は、「ペガサス・インク」の副社長。業界では知らない人はいない敏腕ゲームディレクターで、言動はいつもスマート。仕事は誰よりもこだわり抜き、部下の面倒見も抜群。いつも泉美の味方で応援し、支え続け、2人は固い信頼で結ばれている。泉美にとって光井は同志だが、光井は泉美への特別な思いを胸の内に秘めている……という役どころ。航の最強の恋のライバルとなる。ディーン・フジオカさんがラブストーリーのドラマに出演するのは5年ぶり。

 光井倫久役について、ディーン・フジオカさんは「視聴者の皆さんに愛されるキャラクターになれば」とコメント。また同作は当初、深田恭子さんが主演予定だったものの、病気療養のため降板したことから「深田恭子さんがゆっくりお休みできることを、そして、時が来たらまた元気な姿にお目にかかれることを、多くのファンの方々同様に心から願っております」とコメントしている。

 フジテレビ編成部で編成企画を担当する狩野雄太さんは、光井倫久について「部下からの信頼も厚く、優しい大人の男性でもある一方、どこか少年のような可愛らしさを内包している人物。日高泉美に片思いをしているのですが、仕事のパートナーとして相性抜群であるため、なかなか恋愛へ踏み出せない」と説明。「光井の恋は成就するのか?そして彼自身に降りかかる、さまざまな予想外の事態にも注目いただけたら」と話している。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る